【きょうの料理】甘酒へたパンの作り方。白崎裕子のはじめてのパン

きょうの料理

2022年1月24日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、白崎裕子さん「甘酒へたパン」の作り方をご紹介します。

卵・乳製品を使わなくてもおいしくできるパンのレシピに定評がある白崎さんが、初心者でも気軽につくれる3種類のパンを伝授!へたでも上手にできる、甘酒でしっとり&モチモチ「甘酒へたパン」、かぼちゃが入ってフワフワ食感の「かぼちゃ蒸しパン」、ごまの香ばしさとプチプチ感がアクセント!無発酵の「クイックごまパン」です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

甘酒へたパンの作り方


出典:きょうの料理

材料(つくりやすい分量)

[A]
  • 強力粉:150g
  • ドライイースト:小さじ1/2
  • 甘酒:110g
    ※米こうじからつくられた市販のストレートタイ プを使う。自家製の場合は飲める程度に希釈して煮立たせ、冷ましてから使う。

[B]

  • 植物油:小さじ2
  • 粗塩:小さじ1/2
  • 植物油
  • 強力粉
スポンサーリンク

下準備

  • 甘酒は湯煎(50℃)にかけて約25℃に温める。

作り方

  1. ポリ袋(Mサイズ)に[A]を入れ、軽く振って混ぜる。甘酒を加え、空気を入れて口をねじり、粉っぽさがなくなるまで50回ほど強く振る。
  2. [B]を加え、袋の上から5~6分間、油がなじむまでしっかりともむ。
    もんでいるうちに生地がまとまって、袋からはがれてくる。生地がほんのりと温かくなるまでもむ。
  3. 袋の空気をしっかりと抜いて口をねじり、きつく結ぶ。冷蔵庫の野菜室に入れ、袋がパンパンにはるまで8~12時間おき、発酵させる。
    生地に圧力をかけるため、袋の口はきつく結ぶ。翌日、袋がパンパンになった生地を丸め直し、袋に戻して口をきつく結んで冷蔵室に移すと、さらにもう1日保存できる。
  4. オーブン用の紙を天板と同じ大きさに切り、生地を置く。手に植物油(少々)をつけ、生地を1〜1.5cm厚さにのばす。生地の左右を内側にたたんで軽く押さえる。さらに生地の手前と奥を内側にたたんで軽く押さえる。
  5. 生地の合わせ目を下にして置く。大きめのボウルをかぶせ、1.5倍くらいの大きさになるまで暖かい部屋で1時間ほどおき、発酵させる。オーブンを190℃に温める。
    発酵時間は室温によって変わるので、指に強力粉をつけて生地を軽く押してみて、戻ってくるまでに10秒間ほどかかれば発酵終了。
  6. 生地を紙ごと天板にのせ、強力粉小さじ1を茶こしまたは指で表面全体にふる。190℃のオーブンで20分間焼けば完成!

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

白井さんのInstagramでは、美味しそうなパンやデザートが沢山アップされていて、目を引きますよ。ぜひご覧になってみてください♪最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました