【きょうの料理】かぼちゃ蒸しパンの作り方。白崎裕子のはじめてのパン

きょうの料理

2022年1月24日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、白崎裕子さん「かぼちゃ蒸しパン」の作り方をご紹介します。

卵・乳製品を使わなくてもおいしくできるパンのレシピに定評がある白崎さんが、初心者でも気軽につくれる3種類のパンを伝授!へたでも上手にできる、甘酒でしっとり&モチモチ「甘酒へたパン」、かぼちゃが入ってフワフワ食感の「かぼちゃ蒸しパン」、ごまの香ばしさとプチプチ感がアクセント!無発酵の「クイックごまパン」です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

かぼちゃ蒸しパンの作り方


出典:きょうの料理

材料(4個)

  • かぼちゃ(皮とワタは除く):100g

[A]

  • てんさい糖:大さじ1
  • 粗塩:小さじ1/3
  • 植物油:小さじ2
  • 水:大さじ2

  • ドライイースト:小さじ2/3
  • 強力粉:150g
スポンサーリンク

下準備

  • オーブン用の紙を10㎝四方に4枚切る。

作り方

  1. カボチャは蒸気が上がった蒸し器に入れ、竹串がスッと通るまで10分間ほど強火で蒸す。熱いうちにポリ袋に入れ、袋の上からコップの底などでよく潰す。[A]を順に加えて袋の上から軽くもみ、人肌くらいの温度になったら、ドライイーストを加え、よく揉む。
  2. (1)に強力粉を加え、空気を入れて口をねじり、粉っぽさがなくなるまで50回ほどよく振る。
    かぼちゃの水分が少なく、粉っぽさがなくならない場合は、少量の水を足す。
  3. 空気を抜き、袋の上から7~8分間、しっかりと揉む。
    しっかりともむことで堅かった生地が柔らかくなり弾力が出る。ほんのり温かくなるまで揉む。
  4. 袋の口をねじってとめ、常温で15分間ほど休ませる。
    生地を少し休ませると、ふくらみがよくなる。
  5. 生地の表面がぴんとはるよに丸め、袋の上に置く。手で軽く押して平らにし、カードかナイフで4等分にする。
  6. 用意しておいたオーブン用の紙に1つずつのせ、蒸し器に入れる。鍋に60℃くらいの湯を入れ、蒸し器をのせる。ふたをし、一回り大きくなるまで30分ほど発酵させる。
  7. 蒸し器を一旦鍋から下ろし、鍋を中火にかける。湯が沸騰したら、再び蒸し器をのせて15分ほど蒸したら完成!

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

白井さんのInstagramでは、美味しそうなパンやデザートが沢山アップされていて、目を引きますよ。ぜひご覧になってみてください♪最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました