【きょうの料理】カリカリじゃがいもと鶏のソテーの作り方|タサン志麻さんのじゃがいもの家庭料理レシピ

きょうの料理

2020年11月10日放送「きょうの料理」で放送された「カリカリじゃがいもと鶏のソテー」の作り方をご紹介します。講師には、“予約の取れない伝説の家政婦”として話題のタサン志麻さんが出演し、秋が旬のきのことじゃがいもを使った家庭料理を2日間に渡り伝授。

今回は志麻さんがフランスで学んだじゃがいもの甘みを引き出すコツを踏まえ、「カリカリじゃがいもと鶏のソテー」「じゃがいもとタラのグラタン」「じゃがいもといかのレモンあえ」の3品のレシピを披露してくれました。

こちらでご紹介する「カリカリじゃがいもと鶏のソテー」は、じゃがいもを焼く時は鶏の旨味を吸わせるようにすると最高の食感が楽しめます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

「カリカリじゃがいもと鶏のソテー」の作り方


出典:きょうの料理

材料(2個分)

  • じゃがいも:2コ(300g) ※あればメークインがおすすめ。
  • 鶏もも肉:(大)2枚(350g)
  • さやいんげん(両端を切って3等分に切る):5~6本分(40g)
  • 塩:3~4つまみ
  • こしょう:少々
  • オリーブ油:大さじ1
(1人分)530kcal 塩分1.1g
スポンサーリンク

作り方

  1. じゃがいもはよく洗い、濡れている状態で皮ごとラップで1コずつ包む。電子レンジ(600W)に3分間かけ、上下を返してさらに3分間かける。粗熱が取れたらラップを外して皮をむき一口大に切る。
    皮ごと蒸すと甘みがグッと凝縮され、濃厚な味わいとネットリ感に。蒸してからのほうが皮もむきやすい。
  2. 鶏肉は水けをしっかりと拭き、一口大に切って、両面に塩、こしょうをふる。
    鶏肉の下味がこの料理の味つけの要。強めの塩とこしょうでメリハリを出しつつ、全体に味を回す。
  3. フライパンにオリーブ油をひき、(2)の皮を下にして並べる。中火にかけ、4分間ほど動かさずに焼く。焼き色がついたら、上下を返して端に寄せ、あいたところに(1)のじゃがいもを加える。動かさずに2~3分間焼き、焼き色がついたらじゃがいもの上下を返す。全体がカリカリになったらさやいんげんを加えてサッと炒め合わせる。
    じゃがいもはなるべく動かさないように、鶏肉の脂を吸わせながら、表面をカリッと仕上げる。

詳しくは、NHKテキストきょうの料理 2020年 11 月号をご覧ください。

created by Rinker
NHK出版
¥556 (2021/04/13 07:52:43時点 Amazon調べ-詳細)

同じ日に紹介されたタサン志麻さんの家庭料理のレシピ

【きょうの料理】じゃがいもとタラのグラタンの作り方|タサン志麻さんのじゃがいもの家庭料理レシピ

【きょうの料理】じゃがいもといかのレモンあえの作り方|タサン志麻さんのじゃがいもの家庭料理レシピ


伝説の家政婦シマさんのレシピ本

まとめ

タサン志麻さんの「カリカリじゃがいもと鶏のソテー」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


放送
[Eテレ]毎週月曜~水曜 午後9時
再放送
[Eテレ]毎週月曜~水曜 午前11時
[総合]毎週金曜 午前10時15分
タイトルとURLをコピーしました