【ボクを食べないキミへ】サバ缶ほうじ茶メシの作り方|山内すずの食敵④サバ缶(2020.7.27)

ボクを食べないキミへ(NHK)

2020年7月29日放送「ボクを食べないキミへ~人生の食敵~」では、味が!臭いが!見た目が!…無理!!誰にでもある「嫌いな食べ物」=「食敵(しょくてき)」とし、苦手を克服するお役立ちレシピが紹介されました。

第4回目、山内すずさんの苦手な食べ物は「サバ缶」。料理研究家のリュウジさんが、「一時ハマって食べ続けていたら、突然飽きてしまった」というすずさんのために、”ほうじ茶と一緒に炊くことでさっぱりと食べられる特別メニュー”を考案してくれました。

こちらでは、リュウジさんが教えてくださった「サバ缶ほうじ茶メシ」の作り方をご紹介します。

 

ヒルナンデスで紹介されたリュウジさんの”夏バテ防止レシピ”「サバ缶の冷や汁の作り方」はこちら

スポンサーリンク

「サバ缶ほうじ茶メシ」の作り方


出典:https://www.nhk.or.jp/

骨ごと食べれて青魚の栄養がそのまま手軽に摂れるサバ缶。ほうじ茶が魚の臭みをけして、さっぱりと食べやすく変身!

材料

  • さばの水煮(缶詰):1缶
  • 米:2合
  • ほうじ茶
  • めんつゆ(3倍濃縮):大さじ2
  • しょうが(せん切り):10g
  • 細ねぎ:適量

作り方

  1. 炊飯器の内釜に洗ったお米、さば缶の汁、3倍濃縮のめんつゆを入れて、ほうじ茶を内釜の2合分まで入れる。
    ほうじ茶を入れることで、サバ缶の臭みが抜けて小おばしい香りに!
  2. さばの身と千切りにしたしょうがを入れて炊く。
    リュウジさんからの重要なポイント!炊飯器のスイッチを忘れずに押す!(笑)
    さばの身はほぐさずにそのまま入れればよいそうです。
  3. 器に盛り、細ねぎをのせて完成。
スポンサーリンク

リュウジさんのレシピ本

まとめ

山内すずさんの苦手食材”サバ缶”を克服する、リュウジさん考案の特別メニュー「サバ缶ほうじ茶メシ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


山内すずさんの”食敵”との仲直りをサポートする、料理研究家 リュウジさんが考案した「苦手克服レシピ4品まとめ」はこちら↓

タイトルとURLをコピーしました