【あてなよる】丸ごと麻婆ナスフライの作り方。大原千鶴さんのレシピ。茄子で呑む。

あてなよる

2020年8月26日(初回放送)NHK「あてなよる」で放送された、「丸ごと!麻婆ナスフライ」の作り方をご紹介します。

京都の料理家・大原千鶴さんとソムリエの若林英司さんが、おいしいお酒と「あて」でゲストをおもてなしするあてなよる。今回は、女優・羽田美智子さんと俳優・石井正則さんが『茄子で呑(の)む』。

食パンを使った漬物、水ナスを味わいつくすスープに驚きのマーボーナス、シメはソムリエが準備したブランデーカクテルに合わせるミステリー仕立てなナスの一品!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソムリエが最適なワインをお届け【Pocket Sommelier】

スポンサーリンク

丸ごと!麻婆ナスフライの作り方


出典:あてなよる

材料(2人分)

  • なす:2本

[塩水]

  • 水:500ml
  • 塩:大さじ1

  • 小麦粉:適量
  • パン粉:適量
  • 溶き卵:1個分
  • サラダ油(揚げ油):適量
  • サラダ油:大さじ1
  • にんにくのみじん切り:小さじ1/2

[A]

  • 甜麺醤:大さじ1
  • 豆板醤:大さじ1/2

  • 豚ミンチ肉:100g

[B]

  • 紹興酒:大さじ1
  • 濃口しょうゆ:大さじ1
  • 刻んだ豆鼓:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 水:100ml

[水溶き片栗粉]

  • 片栗粉:大さじ1
  • 水:大さじ1

  • 花椒塩(ホワジャオイエン):少々
  • 青ねぎ(小口切り):少々
スポンサーリンク

作り方

  1. なすはヘタを落とし、ピーラーで皮を剥き、塩水に5分つけて水気をふき、小麦粉、溶き卵、パン粉の順につける。
  2. 170℃に熱したサラダ油に(1)のなすを入れ、7~8分ほど揚げる。なすがしんなりと柔らかく揚がったら、揚げ網に取りだす。
  3. フライパンにサラダ油(大さじ1)とにんにくを入れて中火にかけ、にんにくの香りが油に移ったら、[A]を入れて炒める。そこに豚肉を入れて炒め、豚肉に調味料が絡んだら、[B]を入れる。ぐつぐつと煮立ったら、水溶き片栗粉を回し入れてとろみをつける。
  4. (2)のなすに(3)の麻婆ソースをかけ、花椒塩をふり、青ねぎをあしらって完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、あてなよるのレシピをまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。あてなよるのレシピはこちら

同じ日に放送されたレシピ


■NHKEテレ「あてなよる」
[出演者] 【出演】羽田美智子,石井正則,大原千鶴,若林英司
【語り】石橋蓮司
タイトルとURLをコピーしました