【相葉マナブ】梨キムチ牛丼の作り方。千葉県船橋市「梨」

相葉マナブ

2022年9月18日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「梨キムチ牛丼」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、千葉県船橋市で栽培されている『』。糖度が高くジューシーな“豊水”、糖度が高く酸味が少ない“あきづき”、むせるほど甘く希少な“秀玉(しゅうぎょく)”の3種類の梨で、地元の奥様からお肉と相性抜群な梨の絶品料理を学びます。

すりおろした梨と調味料で漬けた豚肉で“梨の生姜焼き”、鶏肉で人気の韓国料理“梨のヤンニョムチキン”、薄く切った梨と牛肉、調味料で炒めた梨牛丼に、梨とキムチペーストを漬けた梨キムチをのせた“豚キムチ牛丼”!ほかにも、梨と魚を合わせた料理や、梨のスイーツなど、梨の絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

梨キムチ牛丼の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

玉ねぎの代わりに薄切りにした梨を入れます。すりおろした梨が入った調味液にお肉を浸しておくと、味も染みてお肉も柔らかくなります。仕上げに、梨のキムチをトッピングした、梨尽くしの牛丼です。

材料(2人分)

  • 梨:200g(1/2~2/3個)
  • 牛こまぎれ肉:150g
  • しょう油:大さじ1と1/2
  • 酒:大さじ1
  • サラダ油:小さじ2
  • ごはん:2膳
  • 梨キムチ:お好みの量
スポンサーリンク

作り方

  1. 梨は皮をむいて芯を取り、半分は2mm程度の薄切り、半分はすりおろす。
    薄切りの梨で、煮込んだ玉ねぎの甘さを梨で表現。
  2. ボウルに牛肉、すりおろした梨、しょう油、酒を入れて揉み、10分漬ける。
    梨の酵素が肉をやわらかくする。
  3. フライパンに油をひき、漬けた牛肉を汁ごと入れて中火で色が変わるまで軽く炒める。薄切りにした梨を加え、1分炒めて火を止める。
    梨が茶色になりすぎないよう、短めに炒める。
  4. ご飯の上に盛り付け、梨キムチをのせたら完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました