【相葉マナブ】そら豆の焼売の作り方。千葉県富津市の「そら豆」

相葉マナブ

2022年6月12日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「そら豆の焼売」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、千葉県富津市で栽培されている『そら豆!名前の由来や、採りごろのそら豆の見分け方、そら豆を使った絶品料理を地元の奥様から学びます。

まずは、採りたてのそら豆を、七輪で焼きそら豆に。“そら豆と塩昆布のツナ和え”、ボリューム満点の“そら豆たまごサンド”、“そら豆とえびのベトナム風生春巻き”、“そら豆のクリームコロッケ”、“そら豆アヒージョ”、“麻婆そら豆”など、そら豆をふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

そら豆の焼売の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(約20個分)

[焼売のあん]

  • そら豆(餡用):120g(20~25粒)
  • 玉ねぎ:40g
  • エリンギ:1本
  • 豚挽き肉:120g
  • 片栗粉:大さじ1杯半
  • 酒:大さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • ごま油:小さじ1
  • 砂糖:小さじ1
  • 塩:少々

  • 焼売の皮:20枚
  • そら豆(飾り用):20粒
  • サニーレタス等
  • からし
  • しょう油
スポンサーリンク

作り方

  1. 生のそら豆の薄皮を剝いて、粗みじん切りにする。
    後で蒸すので生で入れた方が食感がよくなる。
  2. 玉ねぎ、エリンギをみじん切りにする。玉ねぎをボウルにうつし、片栗粉をかける。
    玉ねぎの水分を閉じ込め、あん水っぽくなるのを防ぐ。
  3. 別のボウルに豚ひき肉、酒、しょう油、ごま油、砂糖、塩を入れ、粘り気が出るまでしっかり混ぜる。
  4. (4)に、玉ねぎ、エリンギ、そら豆を加えてさらに混ぜ合わせ、餡を作る。
  5. (5)の餡を皮で包み、皮を剝いた生のそら豆(飾り用)をのせる。
  6. せいろの底にサニーレタス等を敷き、焼売を並べ、中火で10分蒸す。
  7. お皿に盛り、お好みでからししょう油を添えて完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました