【相葉マナブ】メロンパンの作り方|旬の産地ごはんメロンのレシピ

相葉マナブ

2021年7月18日放送 テレビ朝日系「相葉マナブ」旬の産地ごはん~メロン~で放送された、千葉県旭市飯岡のメロンを使った「メロン入りメロンパン」の作り方をご紹介します。

今回の食材は飯岡を代表する品種「タカミメロン」。千葉県旭市飯岡を訪れ、地元農家の奥様から旬のメロンで絶品料理を教わります。

まずは、生クリームとパンで挟んだ「メロンサンド」、メロンの皮付近を使ったメロンピュレを作り「メロングミ」も作ります。さらに夏にピッタリの「メロンかき氷」やメロンを使ったあの”パン”など、メロンを使った料理やスイーツが続々登場!最後には相葉くんの提案でメロンづくしのメロンパフェを思い思いに作ります。材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!もう食べた?嵐ファンなら一度は食べたい!相葉くんの実家「桂花楼の伝統餃子」口コミ・通販情報はこちら

スポンサーリンク

メロンパンの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

通常のメロンパンにはメロンが入っていませんが、こちらは”メロン”が入ったメロンパンです。メロンのたんぱく質分解酵素があるとパン生地が上手く発酵しないそうですが、生の果肉ではなく一度加熱したメロンピュレをパン生地に混ぜ込むことでうまく膨らみます。見た目も可愛らしく、少々手間ですが作ってみたくなる一品です。

材料(8個分)

[クッキー生地]

  • 薄力粉(ふるう):130g
  • 砂糖:40g
  • 無塩バター(常温に戻しておく):40g
  • 溶き卵:1/2個分

[パン生地]

  • 強力粉:220g
  • 薄力粉:30g
  • 塩:4g
  • ドライイースト:3g
  • 溶き卵:1/2個
  • メロンピュレ:60g
  • 水:80g
  • 無塩バター:20g

□メロンパン1個あたり
 ・パン生地:60g
・クッキー生地:30g
・メロングミ:1個
・グラニュー糖:適量
スポンサーリンク

作り方

  1. 【クッキー生地を作る】
    ボウルに、砂糖、常温に戻したバターを入れてすり混ぜ、溶き卵を加えてさらに混ぜる。
  2. 薄力粉をふるい入れ、ゴムベラでサックリと混ぜひとまとめにする。
  3. ラップで包み、棒状にのばし、冷蔵庫で冷やす。
    冷却時間が長い方がのばしやすくなる。

  4. 【パン生地を作る】
    ボウルに強力粉、薄力粉、塩、溶き卵、水、ドライイースト、メロンピュレを入れて混ぜ合わせ、ひとまとめにする。

    たんぱく質分解酵素は熱に弱い為、加熱して作ったピュレを使えば発酵しやすい。
  5. 打ち粉をした台にのせ、こねる。
  6. つやが出てなめらかになり、生地が手につかなくなるまでこねたらバターを加え、さらにこねる。
  7. バターが馴染んでベタつかなくなったら生地を丸め、ボウルに入れてラップをかける。40℃の湯煎(またはオーブンの発行機能等)で30~40分ほど発酵させる。(一次発酵)

  8. パン生地の一次発酵が終わったら8等分にして、それぞれを丸める。生地を平らに伸ばし、メロングミをパン生地で包む。
  9. クッキー生地も8等分に分けてそれぞれを薄くのばし、パン生地の閉じ目を下にしてクッキー生地を被せる。
  10. スケッパーで縞模様をつけ、グラニュー糖をまぶす。
  11. オーブン用の天板に間隔をあけて並べ、暖かいところで30分ほど置く。(二次発酵)
  12. 一回り程大きくなったら、180℃に予熱したオーブンで12~15分ほど焼けば完成!

まとめ

相葉マナブ『旬の産地ごはん~メロン~』で放送された「メロンパン」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

【2021.7.18放送】相葉マナブ 関連記事


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました