【ザワつく金曜日】第1回 全国ご当地プリンNo.1決定戦!お取り寄せ情報まとめ(2020.12.4)

ザワつく!金曜日

2020年12月14日放送「ザワ(ざわ)つく!金曜日」では、新企画「全国ご当地プリンNo.1決定戦」を放送。ポテトチップやカップ麺に続き、今回はご当地プリンを集めてザワつくトリオがNo.1を決定します!「固め」なのか「なめらか」なのか?「定番」or「変わり種」なのかで勝敗が決まる!?今回も全国からご当地プリンが続々登場!

こちらでは、「第1回ご当地プリンNo.1決定戦6品」に登場したご当地プリンをご紹介!あわせて通販お取り寄せ情報もまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

プリン(UNISON TAILOR人形町) 450円

【東京】王道の口当たり!プリン(UNISON TAILOR人形町) 

Memo東京人形町のコーヒー専門店「UNISON TAILOR人形町」で食べられる、コーヒーとの相性が抜群なしっかりと蒸しあげられた硬めのプリン。卵は全卵と卵黄を「5:1」の割合で使用し、黄色味のあるコクを出している。砂糖はきび砂糖を使用することで、よりコクがあり上品で優しい甘さのプリンに。どんなコーヒーにも合うように砂糖と水だけで仕上げたカラメルの上から卵液を流し込んで蒸しあげたプリンを一晩しっかり冷やすことで、食べた時の硬めの食感がより引き立ちます。

こちらは手間暇がかかるため一日12個ほどしか作ることができず、店舗でのみ販売されているそうです。

群馬ファーマーズプリン リッチバニラ 550円

【群馬】とろ~り滑らか&ラム酒で大人味

Memo群馬県高崎市にあるプリン&アップルパイ専門店「セレンディップ」の群馬ファーマーズプリンリッチバニラは一日500個売れる滑らか食感にこだわったプリンです。プリン生地には、群馬県産地鶏のたまご”黄斑ピュア”というシェフこだわりの卵の卵黄のみを使用し、濃厚で芳醇な香り高い群馬・神津牧場の神津ジャージー牛乳を合わせ、スチームオーブンでじっくり低温で火を入れとろんと滑らかな食感に。カラメルは、ラム酒を使用した苦めの味で、卵の甘さをより際立たせます。

あおもり生プリン(塩カラメル) 4個セット2680円(税別)

【青森県】新感覚!卵黄を後乗せ

Memo

青森県のプリン専門店”ナチュール青森”の「あおもり生プリン」は、別添えの卵を食べる直前に入れ、混ぜて食べる新感覚のプリン。後で卵黄を混ぜるため、プリンには卵黄を一切使われていません。別添えの卵は、青森県田子町の「緑の一番星」で、濃厚でコクの強い卵の味そのものを味わえる。生地に使う牛乳は、香りの強い地元青森の牛乳「”薫りたつ”間木ノ平の牛乳」を使用。企業秘密の温度設定が後から入れる卵黄と絡む食感を生み出します。カラメルは、津軽海峡の天然塩を使用。

スポンサーリンク

男気プリン(restaurant Artisan) 500円

【神奈川】限界まで固く超濃厚に!無骨!硬め!男気プリン(restaurant Artisan)

 

この投稿をInstagramで見る

 

ナ ツ リ(@ntr_128)がシェアした投稿

Memo神奈川県横浜市にある本格フレンチレストラン「restaurant Artisan(レストランアルティザン)」の硬さ、濃厚さにこだわった昔ながらの硬いプリン。プリン生地には濃厚な味を出すため、全卵のより卵黄を多く使用し、カラメルは砂糖と水を限界まで焦がし、生地に負けないくらいの苦みを演出。90℃のオーブンで1時間焼いて水分も飛んでより濃厚に仕上がったプリンです。

お店ではお持ち帰り3ケセット(税込1,620円)にて営業時間中であれば購入ができるそうです。

なかほら牧場のカスタードぷりん(なかほら牧場) 450円

【岩手】絶品牛乳の味を最大限に堪能!

Memo自然放牧されているなかほら牧場の牛のミルクは、濃過ぎずスッキリとした味わいで、ご当地牛乳グランプリ最高金賞受賞したことも。その牛乳にアガベという植物から作られた砂糖よりも甘みの強いシロップを入れ、濃厚な黄身が特徴の岩手県産と山梨県産の卵をブレンドしてプリン生地を作り、90℃未満の低温で蒸しあげて牛乳の味わいをそのまま味わえる一品に仕上げられています。牛乳の味を最大限に活かすため、カラメルはあえて不使用となっています。

【優勝】丹波路プリン 黒豆(sasara) 380円

【兵庫】特産・丹波黒豆が丸ごと!


出典:芦屋プリン

Memo

兵庫県丹波篠山市にある古民家レストラン「sasarai」で作られている丹波路プリンは、丹波黒豆が丸ごと入ったご当地プリンです。低温殺菌された牛乳本来の甘さが特徴の地元・丹波乳業の牛乳と、臭みの少ないコクのある地元・丹波産の卵を混ぜてプリン生地に使用。そのプリンの上には、丹波篠山の特産品である自家製の丹波黒豆を2日かけ砂糖と煮込んだ煮汁のゼリーとふっくら食感の黒豆を重ねる様にトッピング!「プリン」×「煮汁ゼリー」×「黒豆」の丹波の3つの味が楽しめます。

ちさ子さんは「男気プリン」、一茂さんは「丹波路プリン黒豆」、良純さんは「ユニゾンテーラーのプリン」と意見が分かれました。MC高橋さんがその3つを食べ比べ、1票を投じてナンバーワンが決定!自称黒豆博士のちさ子さんも、「もっと黒豆が入っててもいい」というくらい美味しい黒豆と、コクがあって美味しいと高橋さん絶賛のプリン生地の相性が良くてとても美味しそうですね!

全国ご当地ポテトチップスNO.1決定戦 第1回~3回優勝ポテチはこちら

第1回優勝「淡路島玉ねぎポテトチップス」

第1回優勝☆NO.1ポテトチップスに選出!

第2回優勝「山口・ゆず塩使用 吉田松陰のポテトチップ」

第2回優勝☆NO.1ポテトチップスに選出!

第3回優勝「大阪・紅ショウガ天ポテトチップス」

第3回優勝☆NO.1ポテトチップスに選出!

まとめ

「第1回ご当地プリンNo.1決定戦6品」で登場したご当地プリンについてまとめました。最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


テレビ朝日系列『ザワつく!金曜日』
毎週金曜 19時00分~20時00分
【出演者】 [MC]
石原良純 長嶋一茂 高嶋ちさ子
[司会進行] 高橋茂雄
タイトルとURLをコピーしました