【きょうの料理】鳥羽流サムゲタンの作り方。鳥羽シェフの「強火で行こうぜ!」。

きょうの料理

2023年1月24日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、鳥羽周作さん「鳥羽流サムゲタン」の作り方をご紹介します。

日々の料理につきもののリアルな悩みを遊び心で楽しく解決する鳥羽シェフの「強火で行こうぜ!」。今回は、正月太りにきく”ヘルシーレシピ3品”を伝授!

鳥羽シェフがダイエット中に毎朝食べていたという「鳥羽流サムゲタン」、豚肉の代わりに厚揚げを使う「厚揚げポッサム」、オレンジとナンプラーの香りが絶妙な「にんじんパクチーサラダ」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

鳥羽流サムゲタンの作り方


出典:きょうの料理

鶏肉のうまみたっぷりのスープがじんわりとしみるおいしさ。丸鶏の代わりに鶏もも肉を使うので手軽にでき、お餅で満腹感もばっちりの一品です。

材料(3~4人分)

  • 鶏もも肉:300g
  • えのきだけ:1/2袋(50g)
  • 大根:1/6本(100~150g)
  • ねぎ:1本(100g)

[A]

  • にんにく:1かけ
  • しょうが:1かけ
  • 顆粒チキンスープのもと(中華風):小さじ2
  • 塩:小さじ1

  • 切り餅:3~4コ
スポンサーリンク

作り方

  1. えのきだけは根元を除き、食べやすく手でほぐす。大根は1cm厚さのいちょう形に切る。ねぎの白い部分は斜め2~3cm幅に切り、青い部分はとっておく。[A]のにんにくは縦半分に切り、芯を除いてつぶす。しょうがは薄切りにする。鶏肉は皮や余分な脂を取り、一口大に切る(切り取った皮や脂は、だしとして鍋に入れてもOK)。
  2. 鍋に鶏肉、ねぎの青い部分、[A]】、水(カップ4)を入れ、ふたをして強火にかける。沸騰したらふたを取り、15分間ほどアクを取りながら煮る。
    強火で煮ることで、白濁した濃厚なスープになる。
  3. ねぎの青い部分を取り出し、残りの野菜とえのきを加える。スープが少なければ水適量を足し、10分間ほど大根が柔らかくなるまで煮る。餅を半分に割って加えてふたをし、火を止めて1~2分間おく。強火にかけ、再び煮立たせたら完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました