【きょうの料理】かきのムニエル丼の作り方。プロ直伝! 「ムニエルを極める」

きょうの料理

2022年9月13日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、「かきのムニエル丼」の作り方をご紹介します。

今回の「プロ直伝!」は、初登場のフランス料理店オーナーシェフ・石井真介さんから教わる、旬の魚介や野菜が一段とおいしく味わえる「ムニエル」のコツ

まずは、皮はパリッと身はふわっと仕上げる「さけのムニエル」のコツから。さらに、石井さんのお店で人気のメニュー「かきのムニエル丼」や、野菜をムニエルにする手法も伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

かきのムニエル丼の作り方


出典:きょうの料理

うまみたっぷりのかきは、ムニエルの手法と相性抜群!濃厚な味わいが楽しめるかきのムニエルをアレンジして、石井シェフのお店のしめとしても大人気の丼に。

材料(1人分)

  • かき(加熱用):3コ(100g)

[和風ボルトレーズソース]

  • ねぎ(斜め薄切り):適量
  • にんにく(みじん切り):小さじ1
  • たまねぎ(みじん切り):小さじ1
  • ケイパー:小さじ1
  • レモンの果肉(5mm角に切る):小さじ1
  • ミニトマト(5mm角に切る):小さじ1
  • パセリ(みじん切り):小さじ1
  • しょうゆ:小さじ1

  • バター(食塩不使用・1㎝角に切る):20g
  • 小麦粉
  • オリーブ油

  • ご飯(温かいもの):適量
スポンサーリンク

作り方

  1. かきは小麦粉(適量)を茶こしでふるい、両面にしっかりとまぶす。手ではたき、軽く余分な粉を落とす。
  2. フライパンにオリーブ油(大さじ2)を強火で熱し、かきを2分間ほど焼く。焼き色がついたら上下を返し、さらに30~40秒間焼いて塩(少々)をふり、火を止める。
    かきは塩を先にふると水分が出てきてしまうため、小麦粉をしっかりとまぶして多めの油で手早く焼き、後から塩をふる。
  3. 紙タオルでフライパンの余分な油を拭き取り、バターを加えて弱火にかける。バターがとけてフツフツとしてきたら全体にからめる。ソースの材料を順に加え、強火でフライパンを揺すりながら10秒間ほど炒める。
  4. 器に温かいご飯を盛り、(3)をのせたら完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました