【きょうの料理】パリパリきゅうりの冷や汁の作り方。有賀薫さんの夏に食べたいスープ。

きょうの料理

2022年8月22日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、有賀薫さんに教わる「パリパリきゅうりの冷や汁」の作り方をご紹介します。

スープ作家 有賀薫さんから教わるのは、つくる気力も食欲も落ちやすい夏に食べたいスープです。旬の野菜を使って栄養満点の温かいスープや、さらりと食べやすい冷たいスープを伝授!

夏のお昼ご飯におススメな「じゃばらなすとひき肉のとろみスープ」、ニンニクのコクが食欲をそそり栄養たっぷりな「トマトとモロヘイヤのポタージュ風」、宮崎の郷土料理をさらにおいしくアレンジした「パリパリきゅうりの冷や汁」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

パリパリきゅうりの冷や汁の作り方


出典:きょうの料理

材料(2~3人分)

  • きゅうり:1本半(150g)
  • 木綿豆腐:1/2丁(150~200g)
  • みょうが:1コ
  • 青じそ:3枚
  • 白ごま:大さじ1
  • ツナ(缶詰・油漬け):(小)1缶(70g)
  • 好みの薬味(みょうが・白ごま・青じそなど):各適量
  • ご飯:適量(温かいものでも冷たいものでよい。)
  • みそ
スポンサーリンク

作り方

  1. 豆腐は軽くおもしをのせて20分間ほどおき、しっかり水きりをする。きゅうりは5mm厚さの輪切りにして軽く塩をふり、15分間おく。水けが浮き出てきたら紙タオルで包み、ギュッと絞る。
    きゅうりはうっすらと水けがでてきたところでしっかり水けをとると、パリパリと食感よく仕上がる。
  2. みょうがは薄切りに、青じそはせん切りにする。白ごまはする。
  3. ボウルにみそ(大さじ2)を入れ、水(カップ2)を少しずつ加えて溶きのばし、ツナの油をきって加える。(1)の豆腐を手でくずしながら加え、きゅうり、みょうが、青じそ、白ごまを加える。冷蔵庫で2時間以上冷やす(一晩おくのもおすすめ)。
  4. ご飯に(3)をかけ、薬味を添えたら完成!
    そうめんにかけてもおいしい。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました