【きょうの料理】フーチャンプルーの作り方。朝ドラ「ちむどんどん」の比嘉家のオカズレシピ。

きょうの料理

2022年5月18日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、オカズデザインさん「フーチャンプルー」の作り方をご紹介します。

NHK朝のドラマ「ちむどんどん」に出てくる絶品料理2品を監修するオカズデザインの吉岡ご夫妻が、主人公・比嘉暢子の鉱物の麩(ふ)を使った家庭料理「フーチャンプルー」と、せん切りにしたにんじんをごま風味の白あえにした「にんじんしりしりーの白あえ」の2品を公開!
ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

フーチャンプルーの作り方


出典:きょうの料理

材料(2〜3人分)

  • 車麩(沖縄のもの):20g

[卵液]

  • 卵(常温に戻す):3コ
  • だし:大さじ2
  • 塩:小さじ1/2弱

  • もやし:100g
  • にら:50g
  • サラダ油
    ※あればラードを使用するとコクが増す
スポンサーリンク

作り方

  1. 車麩は大きめにちぎってたっぷりの水に約10分間浸し、水けをしっかりと絞る。ボウルに卵液の材料を入れて混ぜ、麩を加えて30分〜1時間浸す。もやしは水けをしっかりときり、ひげ根を取る。にらは3〜4cm長さに切る。
    これ以上水が出ないくらいまで絞ると、麩が卵液をたっぷりと吸い込む。
  2. フライパンにサラダ油(大さじ1杯半)を中火で熱し、(1)の麩を並べる。余った卵液はとっておく。麩に焼き色がついたら上下を返し、両面をこんがりと焼いて取り出す。
    両面に焼き色をつけると、外はカリッ、中はふんわりとした食感になる。
  3. 同じフライパンにもやしとにらを入れ、塩(1つまみ)と酒(大さじ1)をふる。軽く炒め合わせて(2)の麩を戻し入れ、(2)の余った卵液を回し入れる。卵が少し固まったら大きく混ぜ、味をみて塩少々で調えたら完成!
    余った卵液でとじるのが沖縄流。混ぜるときはいり卵にせず、ひと混ぜでOK。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました