【きょうの料理】何でもありのかき揚げ丼の作り方。大原千鶴さんのシンプルごはん。

きょうの料理

2022年5月11日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さんに教わる「何でもありのかき揚げ丼」の作り方をご紹介します。

家庭で生まれるフードロスを減らす工夫を取り上げる「大原千鶴の愛情ごはん」。今回のテーマは、野菜の皮・根・芯・外側の葉など、捨てがちな「はじっこ野菜」を、それぞれの特徴に合わせておいしい一品に変身させるアイデアを伝授!ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

何でもありのかき揚げ丼の作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • 好みの残りの野菜:(合わせて)60g
    ※番組では、れんこんの皮、さつまいもの皮、パクチーの根、パセリ(葉と茎を分ける)を使用。ほかににんじんの皮、ねぎの青い部分、ねぎやせりの根、しおれた青じそなどもおすすめ。
  • 桜えび(乾):大さじ1

[A]

  • 小麦粉:大さじ2
  • 水:大さじ2

[たれ]

  • だし:大さじ3
  • みりん:大さじ1
  • しょうゆ:大さじ1

  • ご飯(温かいもの):適量
  • 小麦粉
  • 揚げ油
スポンサーリンク

作り方

  1. 残り野菜はすべて3cm長さほどに切る。
  2. ボウル(1)と桜えびを入れ、小麦粉(大さじ1)を加えてザックリと混ぜる。[A]をよく溶いて加え、さらに混ぜる。
    かき揚げは、衣をからめる前に粉をふるとまとまりがよくなる。堅い野菜はやや小さめに切ると揚げやすい。
  3. 小さめのフライパンに揚げ油を170℃に熱し、(2)の半量を入れる。表面が固まってきたら上下を返し、カリッとするまで合計2分間ほど揚げて油をきる。残りの半量も同じように揚げる。
    小さめのフライパンで1枚ずつ揚げると、少ない油でも揚げられる。
  4. 耐熱容器にたれの材料を入れ、ラップをせずに電子レンジ(600W)に1分間かける。
  5. 丼にご飯を盛り、(3)をのせ、(4)のたれをかければ完成!

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました