【きょうの料理】切り干し大根のきんちゃく煮の作り方。ワタナベマキのしみじみ冬おかず

きょうの料理

2022年1月11日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、ワタナベマキさんの「切り干し大根のきんちゃく煮」の作り方をご紹介します。

人気料理研究家のワタナベマキさんの『ワタナベマキのしみじみ冬おかず』は、冬こそ味わってほしいというお気に入りの「蒸し料理」と「乾物使い」を2日間に渡り紹介してくれます。

2日目は、乾物料理の特集。切り干し大根とひじきを詰めた「切り干し大根のきんちゃく煮」、切り昆布を使った沖縄料理の「クーブイリチー(昆布のいり煮)」、「高野豆腐のトロトロ煮」の3品です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

切り干し大根のきんちゃく煮の作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • 切り干し大根(乾):15g
  • 長ひじき(乾):7g
  • 豚切り落とし肉:100g
  • 油揚げ:3枚(90g)
  • かぶ:2コ(100g)
  • かぶの葉:1コ分

[A]

  • だし:カップ1杯半(300ml)
  • 切り干し大根の戻し汁:カップ1/2(100ml)
  • 酒:大さじ2
  • みりん:大さじ1

[B]
  • しょうゆ:大さじ1
  • 塩:小さじ1/4

スポンサーリンク

作り方

  1. 油揚げは麺棒を上から転がしてならし、熱湯で3分間ほどゆでる。ざるに上げて粗熱を取り、紙タオルで水けを押さえ、半分に切って袋状に開く。かぶは茎を少し残して葉を切り落とし、根元の泥を落とす。皮ごと6等分のくし形に切る。葉は食べやすい長さに切る。
  2. 切り干し大根は水で戻して絞り、ザク切りにする。戻し汁はとっておく。ひじきは水で戻して水けをきり、ザク切りにする。豚肉は1cm幅に切る。
  3. ボウルに(2)を合わせ、塩少々をふって混ぜる。6等分にして(1)の油揚げに詰め、ようじで口を縫うようにとめる。
  4. 鍋に(3)を入れて[A]を加え、落としぶたをして中火にかける。煮立ったら[B]を加えて弱火にし、8分間ほど煮てかぶを加える。さらに7分間ほど煮てかぶの葉を加え、サッと煮る。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました