【きょうの料理】ヒラヒラなすとささ身の夏うま煮の作り方。小田真規子さんの夏を乗りきる!体にやさしいなすレシピ

きょうの料理

2021年6月28日放送 NHK「きょうの料理」で放送された、「ヒラヒラなすとささ身の夏うま煮」の作り方をご紹介します。

夏野菜である”なす”を使って、暑くなるこれからの季節を元気に乗りきるレシピを、2日間に渡り教えていただきます。本日の講師、料理研究家で栄養士の小田真規子さんが、薄切りの豚ロース肉をかたまり肉風にして、縞剝きにしたなすと炒めて甘酢に浸す「なすと豚肉のさっぱり焼きびたし」、薄切りにしたなすをさっと煮る「ヒラヒラなすとささ身の夏うま煮」、牛薄切り肉とトマトを組み合わせた手軽な「なすステーキの簡単ミートソース」の3品を教えてくれました。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

「ヒラヒラなすとささ身の夏うま煮」の作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • なす:(大)2個(200g)
  • 鶏ささ身:4本(200g)

  • 水:カップ1/3
  • しょうゆ:大さじ2
  • みりん:大さじ2
  • 酒:大さじ2

  • オクラ:4本(50g)
  • 小麦粉:大さじ1
(全量)200kcal 塩分2.7g)
スポンサーリンク

作り方

  1. なすはヘタを切って、縦半分にきり、長めの薄い斜め切りにする。オクラはガクを取り、縦半分に切る。
    なすの表面を大きくすることで、うまみを吸いやすい。
  2. 水に5分ほどさらしてアクをとる。
  3. ささ身を3等分に切って小麦粉をまぶし、余分な粉ははたく。
  4. 鍋に水、しょうゆ、みりん、酒を入れて中火でにたたせ、ささみをいれて1分煮る。
    衣が剥がれてしまうので、ささ身はしばらく触らずに火を通す。
  5. ささみに火が通ってきたら裏返し、水気を切ったなすを加え、2~3分間煮る。
    なすが崩れてしまうので、触らずに煮る。
  6. 鶏肉に火が通り、なすがくったりしたらオクラを加え、30~1分ほど加熱して火からおろす。
  7. お皿になすから先に盛り付け、ささ身、オクラ、汁を盛りつければ完成!

同じ日に紹介されたレシピ


まとめ

小田真規子さんの夏を乗りきる!体にやさしいなすレシピの「ヒラヒラなすとささ身の夏うま煮」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました