【きょうの料理】ピーマンの種ごとつくだ煮風の作り方。杵島直美さんの「超速!お助けレンジ小鉢」

きょうの料理

2021年6月22日放送 NHK「きょうの料理」で放送された、杵島直美さんの「ピーマンの種ごとつくだ煮風」の作り方をご紹介します。

きょうの料理講師のみなさんが、あと一品!という時に助かる「超速!お助けレンジ小鉢」のアイデアレシピを教えてくれました。きじまりゅうたさんは「丸ごとレンジなす」。杵島直美さんは「ピーマンの種ごとつくだ煮風」。タサン志麻さんは南仏風の「ズッキーニのタプナードソース」。坂田阿希子さんはワインのつまみにもぴったりな「そら豆のチーズ白あえ」。ワタナベマキさんは弁当おかずにもぴったりの「キャロットラペ」。ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

「ピーマンの種ごとつくだ煮風」の作り方

ピーマンはワタと種も使い、食感のアクセントに!作りたてのシャキシャキ食感を楽しんだり、作り置きして冷蔵庫で寝かせたくたくた感も楽しめる小鉢です。

材料

  • ピーマン:4~5個(150g)
  • ちりめんじゃこ:大さじ1
  • 赤とうがらし(小口切り):1本
  • しょう油:大さじ1
  • 酒:大さじ1
  • みりん:大さじ1
  • 水:大さじ1
  • 塩:少々
スポンサーリンク

作り方

  1. ピーマンはヘタに近い部分を切り落とし、ワタを引き抜いてボウルに入れ、手でちぎる。
  2. ちりめんじゃこ、赤とうがらし、しょう油・酒・みりん・水、塩を入れて混ぜる。
    ピーマンの種やちりめんじゃこが食感のアクセントに!
  3. ラップをかけ、電子レンジ(600W)で2分加熱する。
  4. 種を抜いたピーマンは乱切りにし、(1)で切り落としたヘタの身の部分も手でちぎって使う。
  5. レンジで加熱した(3)の調味料をひと混ぜし、ピーマンを入れてざっくり混ぜる。
  6. ラップをかけて、再び電子レンジ(600W)で3分加熱する。
  7. 加熱したら取り出し、お皿に盛りつければ完成!

まとめ

杵島直美さんの「ピーマンの種ごとつくだ煮風」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。


放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました