【きょうの料理】土井流「ハンバーグ」の作り方。土井善晴のふつうにおいしいもん

きょうの料理

2021年11月9日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、土井善晴さんの「ハンバーグ」の作り方をご紹介します。

「土井善晴のふつうにおいしいもん」。土井善晴さんが、「食べるとほっと安心できる」、そんな自然体の料理を2日間にわたって教えてくださいます。2日目は、余計なものは入れず余計なことはしない土井流「ハンバーグ」、つけあわせの「野菜の蒸し煮」、白みそ仕立てでの「まいたけとトマトのみそ汁」の3品です。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

スポンサーリンク

ハンバーグの作り方


出典:きょうの料理

材料(2~3人分)

  • 合いびき肉:250g
  • たまねぎ (みじん切り):200g
  • 食パン (6枚切り):1/2枚
  • 牛乳:カップ1/4(50ml)
  • 卵(S):1コ

  • 塩:小さじ1/2
  • ナツメグ:少々
  • 黒こしょう(粗びき):少々

[ソース]

  • 練りがらし:小さじ1/2~1
  • トマトケチャップ:カップ1/3
  • ウスターソース:大さじ1

(460kcal 塩分3.1g)
スポンサーリンク

作り方

  1. 食パンはちぎってボウルに入れ、牛乳を加えて浸す。
  2. フライパンにサラダ油大さじ1/2を強火で熱し、たまねぎを炒める。焼き色がついたら、皿に取り出して冷ます。
  3. 大きめのボウルにひき肉を入れ、(1)の食パン、炒めたたまねぎ(2)、卵、塩、ナツメグ、黒こしょうを加え、軽く混ぜる。
  4. 手にサラダ油を薄く塗り、ひき肉生地を2~3つに分け、1つずつ楕円形にまとめる。
  5. フライパンにサラダ油大さじ1/2と、丸めたタネを入れて中火にかける。
  6. 焼き色がついたら裏返して弱火にし、ふたをして7~8分間蒸し焼きにする。中まで火が通ったら、器に盛って野菜の蒸し煮を添える。
  7. 【ソースをつくる】
    耐熱容器に練りがらしを入れる。(6)のフライパンの余分な油を拭き取り、残りのソースの材料を入れて火にかけ、ひと煮立ちさせる。練りがらしの入った容器に注ぎ入れて混ぜ合わせ、ハンバーグにかければ完成!

まとめ

土井善晴さんの「ハンバーグ」の作り方をご紹介しました。ご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました