【平野レミの早わざレシピ】食べれば小籠包(ショウロンポー)の作り方「2021秋」第11弾

平野レミの早わざレシピ

2021年9月23日『平野レミの早わざレシピ!「2021秋」』で放送された、料理愛好家・平野レミさん考案「食べれば小籠包(ショウロンポー)」の作り方をご紹介します。

今回で第11弾となる『平野レミの早わざレシピ!「2021秋」』。料理愛好家の平野レミさんが、生放送で次々と”簡単!早い!おいしい!”お役立ち絶品レシピの数々を披露!

今回はキノコや魚など、秋ならではの食材が満載!定番料理からアイデア料理まで、数々のお役立ち絶品レシピをご紹介。たびたび登場するレミさん恒例“びっくり料理”「おっ立て!」「宙づり」も登場!?気になる材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

食べれば小籠包(ショウロンポー)の作り方


出典:平野レミの早わざレシピ

材料(2人分)

  • 豚バラ肉(薄切り・1㎝幅に切る):100g

[A]

  • たまねぎ(1㎝角に切る):1/4コ(50g)
  • しょうが(薄切り):1かけ(5g)
  • にんにく(薄切り):1/2かけ(5g)

[B]

  • ごま油:小さじ2
  • 鶏ガラスープ:カップ3/4
    ※顆粒(かりゅうチキンスープの素(もと)(中国風)を表示どおりに湯で溶いてもよい。
  • 塩:小さじ1/8
  • 黒こしょう:少々
  • オイスターソース:小さじ1/2
  • 紹興酒:大さじ1

  • ワンタンの皮:8枚
  • しょうが(針しょうがにする):適量
  • 黒酢:適量
  • しょうゆ:適量
  • パクチー:適量

作り方

  1. [A]をフードプロセッサーでしっかりみじん切りにする。さらに豚バラ肉と[B]を加えて4秒間さっとまわす。
    混ぜ過ぎずに、肉の食感を残す。
  2. 直径10cm位の耐熱容器を2つ用意し、1のあんを大さじ3ずつ入れ、ワンタンの皮2枚をずらすようにのせ、さらに残りのあんを半量ずつ入れ上に皮2枚ずつをのせる。
    回りからはみ出てる皮は中に押し込む。
  3. 蒸し器に2を並べ、10分間程蒸す。
  4. 蒸し上がったら、黒酢に針しょうがを合わせたものをトッピングすれば完成!好みで、しょうゆ、パクチーを入れ、スープと一緒にいただく。
スポンサーリンク

平野レミさんのレシピ本&レミパンほか

まとめ

平野レミさん考案の「食べれば小籠包(ショウロンポー)」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、これまでに放送された『平野レミの早わざレシピ』の記事を他にもまとめています。ぜひ合せてご覧ください。 平野レミの早わざレシピの記事はこちら

2021年9月23日放送「平野レミの早わざレシピ!第11弾・2021秋」関連記事


【出演者】
[出演] 平野レミ,大竹しのぶ,中山秀征,澤部佑
[司会] 松田利仁亜
タイトルとURLをコピーしました