【グレーテルのかまど】プレッツェルの作り方。絵本作家エリック・カールの思い出のパン

グレーテルのかまど

2021年11月8日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された「プレッツェル」の作り方をご紹介します。

世界中で大人気の絵本作家、エリック・カール。彼の絵本『プレッツェルのはじまり』は、本当にパン屋さんだった彼の叔父や祖母を登場させて描いた物語です。エリック・カールの幼いころの思い出のパン「プレッツェル」。三つの穴を持つ、ドイツの人々が愛してやまないドイツ生まれのプレッツェル作りにヘンゼルも挑戦!
材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

エリック・カールのプレッツェルの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(12㎝ 4個分)

[生地]

  • 準強力粉 150g
  • 塩 3g
  • 脱脂粉乳 3g
  • ショートニング 4.5g
  • インスタント・ドライ・イースト 1g
  • 水 78ml

[重曹液(ラウゲン液)]

  • 水 400ml
  • 重曹(食用) 20g

  • 粗塩 適量

下準備

  • オーブンの発酵機能を30℃にしておく。
スポンサーリンク

作り方

  1. ボウルに準強力粉、塩、脱脂粉乳を入れ、泡だて器で混ぜる。
  2. 水とイーストを混ぜ、ステップ1に加え、混ぜる。ショートニングを加え、手で混ぜ合わせる。
  3. 台に取り出し、粉けがなくなるまでこねる。粉けがなくなってから、3分生地をこねる。
  4. 乾燥しないようにビニールかラップをかぶせ、5分休ませる。
  5. 麺棒で生地を幅の3倍くらいに伸ばし、三つ折りする。
  6. 生地を90度回転させ、同様に伸ばして三つ折りし、乾燥しないようにビニールかラップをかぶせ、5分休ませる。
  7. (5)と(6)を合計10回行う。
  8. 生地をボウルに入れ、オーブンの発酵機能で30分休ませる。
    この後、発酵機能を35℃にセットしておく。
  9. 生地を4等分(1つあたり約58g)にする。
  10. 軽く丸め、ラップをし、15分休ませる。
  11. 閉じ目を上にし、麺棒で長さ約40cmに伸ばす。伸ばすごとに生地を台からはがす。
  12. 1/4の長さまで手前に向かって巻く。
  13. 巻いた部分を押さえ、反対側の手で生地の手前を持ち、軽く引っ張って伸ばす。
  14. 生地を押さえて伸ばしながら、両端が細くなるように巻く。
  15. 上からしっかり押さえながら、両端に向かって徐々に細くなるように転がし、長さ45~50㎝に伸ばす。
  16. 生地の両端を手前で2回クロスさせ、先端を持ち上げて生地の太い部分にはり付ける。3つの空間ができるようにする。
  17. 形を整え、オーブンペーパーの上にのせ、オーブンの発酵機能35℃で30分発酵させる。
  18. 鍋に水と重曹を入れ、沸騰させる。
  19. 沸騰したら弱火にし、穴杓子にのせて重層液にくぐらせる。
    重層液はアルカリ性で、手が荒れることがあります。ゴム手袋をつけて作業する。
  20. オーブンペーパーを敷いた天板にのせ、生地の太い部分にカッターで切り込みを入れ、粗塩をふる。
  21. 220℃のオーブンで約15分焼いたら完成!
    冷めてからが食べ頃。冷暗所で保存し、2日以内に食べます。

まとめ

グレーテルのかまど「エリック・カールのプレッツェル」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました