【グレーテルのかまど】バーンブラックの作り方。「アイルランドのハロウィーン」に欠かせない伝統的なお菓子

グレーテルのかまど

2021年10月18日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された「バーンブラック」の作り方をご紹介します。

ハロウィーンにアイルランドで食べられている伝統的なお菓子”バーンブラック”。中にはたっぷりのレーズンなどのドライフルーツ、紅茶がほのかに香り、そして指輪・硬貨などのとっておきのお楽しみが隠れています。

先祖の魂をもてなし供養するアイルランドのハロウィーンに欠かせない!楽しく食べて未来を占うバーンブラックに、ヘンゼルも挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

バーンブラックの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(直径18㎝ 1台分)

[フルーツの紅茶漬け]

  • サルタナレーズン:100g
  • オレンジピール:25g
  • 紅茶:100ml ※通常より濃いめに作る
  • ウイスキー:15ml(大さじ1)

[生地]

  • 強力粉:200g
  • きび糖:16g
  • 塩:4g
  • 脱脂粉乳:8g
  • シナモンパウダー:1.5g
  • クローブパウダー:0.2g
  • ナツメグパウダー:0.2g
  • オールスパイスパウダー:0.2g
  • ジンジャーパウダー:0.2g
  • ショートニング:10g
  • バター:15g
  • インスタント・ドライ・イースト:5g
  • 水:140ml

  • ショートニング:適量 ※バター・サラダ油でも可(ボウル、プレート、型にぬる分)
  • 塗り卵:適量
  • バター:適量(塗って食べる分)

下準備

  • オレンジピールを5㎜角に切っておく
  • 強力粉をふるっておく
  • バターとショートニングを常温にもどしておく
  • ボウル、プレート、セルクル型の内側にうすく油脂をぬっておく
  • オーブンを30℃(発酵機能)に温めておく
  • 指輪を洗い、アルミ箔で包んでおく
スポンサーリンク

作り方

  1. [フルーツの紅茶漬けを作る]
    沸騰したお湯にレーズンを入れて湯通しし、ザルにあげる。
  2. 熱い紅茶い浸し、オレンジピールとウイスキーを加えてよく混ぜ、表面にラップを密着させる。
  3. 粗熱が取れたら冷蔵庫で一晩置く。
  4. 使用する一時間前に常温に出し、水けをきっておく。
  5. [生地を作る]
    ボウルに強力粉、きび糖、塩、脱脂粉乳、シナモン、クローブ、ナツメグ、オールスパイス、ジンジャーを入れ、泡だて器で混ぜる。
  6. ぬるま湯(35℃)で溶いたイーストを加える。
  7. 粉けがなくなったら、台にこすりつけながら3分ほどこねる。
  8. 生地をまとめ、5分ほど台に叩きつける。
  9. バターとショートニングを加え、台にこすりつけながら3分ほどこねる。
  10. 生地をまとめ、5分ほど台に叩きつける。
  11. 生地が乾燥しないようにビニールに包むか、ラップをゆるくかぶせ、5分間休ませる。
  12. 平らにした生地にフルーツの紅茶漬けをのせ、カードで切るように混ぜ合わせる。
  13. ボウル(※薄く油脂を塗る)に入れ、30℃で約2倍の大きさになるまで60分発酵させる。
  14. 打ち粉をした台に出し、叩いてガス抜きする。
  15. 3つ折りにして生地をまとめ、30℃で30分発酵させる。
  16. もう一度ガスを抜き、丸める。
  17. 30℃で15分間休ませる。
    この後、オーブンを35℃(発酵機能)に温めておく。
  18. 再度ガスを抜き、4つ折りにして丸め直し、アルミ箔で包んだ指輪を中に入れこむ。
  19. プレート(※薄く油脂を塗る)のせたセルクル型(※薄く油脂を塗る)の中に生地を置き、35℃で約40分発酵させる。
    この後、オーブンを190℃に温める。
  20. 表面に卵をぬり、190℃のオーブンで約30分焼いたら完成。
  21. オーブンから出して冷まし、食べやすいサイズに切り分け、バターをつけていただく。

まとめ

グレーテルのかまど「バーンブラック」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました