【ハナタカ】本当のカルボナーラの作り方。ミシュランガイド名店が教えるレシピ

ハナタカ!優越館

2021年4年29日放送「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」で放送された、有名グルメガイドブックに掲載された名店が教える本当のカルボナーラのレシピ「本当のカルボナーラ」の作り方をご紹介します。教えてくれたのは、イタリア料理フィオレンツァオーナーの橋本直樹さんです。

スポンサーリンク

パスタの専門家軍団のハナタカ

「パスタの専門家軍団のハナタカ」で取り上げられたのはこちら。

・有名グルメガイドブックに掲載された名店が教える本当のカルボナーラとは?
・パスタの世界チャンピオンが伝授するミートソースが劇的に美味しくなる方法とは!?
・パスタの神様が教える美味しい麺の選び方!?

本当のカルボナーラの作り方

材料

  • パスタ
  • 生ハムの脂肪分(炒め用)
  • パンチェッタ(生ベーコン)
    豚バラ肉を塩漬け・熟成させたもの
  • ニンニク
  • 白ワイン
  • 溶き卵(卵は常温に戻しておく)冷たいままでは、加熱時間が長くなる
  • ペコリーノチーズ(粉チーズ)
    羊から出るうま味で濃厚な仕上がりになる。
  • 塩・ブラックペッパー
スポンサーリンク

作り方

  1. 大きめの鍋に湯をわかし、鍋にふたをするなど高温状態をキープし、袋の表示通りにパスタを茹でる。
    パスタを茹でる時は沸騰状態にキープすることが大切。家庭では高温を保つためにふたをする。お店では、沸騰状態を保つために、油を鍋に入れる。油をたらすことで、高温を維持しやすく、パスタ同士がくっつきにくい。
  2. 生ハムの脂でパンチェッタ・ニンニクを炒め、白ワインで香り付けする。
    バターやオリーブオイルは使わず、熟成した脂肪のうま味で風味が豊かになる。
  3. 火を止めてから溶き卵をいれ、粉チーズ(ぺコリーノチーズ)、塩・コショウで味を調えればカルボナーラソースの完成。
    火を付けたままだと一気に熱が入り、卵がボロボロになりやすい。
    日本のカルボナーラは、アメリカから伝来したので生クリームベース。卵・チーズのみのシンプルイタリア式では、粉チーズ。ペコリーノチーズが濃厚な味わいに。
  4. 再び火にかけ、茹でたパスタを加えて和えれば完成!

まとめ

ハナタカ優越館で放送された有名グルメガイドブックに掲載された名店が教える本当のカルボナーラのレシピをご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、ハナタカ優越感に関する記事を多数投稿しています。こちらも合わせてぜひチェックしてみてくださいね。
ハナタカ優越館の記事はこちら

2021年4月29日放送「ハナタカ優越館」関連記事


テレビ朝日系列「日本人の3割しか知らないこと くりぃむしちゅーのハナタカ!優越館」
【出演者】
[MC]  上田晋也(くりぃむしちゅー)、有田哲平(くりぃむしちゅー)
[ゲスト] 石原良純、SHELLY、ミキ、池田美優
[進行]  山本雪乃(テレビ朝日アナウンサー)
タイトルとURLをコピーしました