【ガッテン】ガッテン流 赤飯の作り方。加熱20分!フライパン作れる超時短ワザレシピ

ガッテン!

2021年10月20日 NHK「ガッテン!」で放送された「ガッテン流 フライパンで20分で作れる赤飯」の作り方をご紹介します。

今週のガッテンは、「モチモチ食感祭り もち米で美味&快感SP」。日本伝統の『もち米』は手間もかかりレシピの幅も狭く、おうちで料理に使う人は激減しているという魅力を徹底解明!ガッテンでは、2日がかりだった赤飯がフライパン1つでわずか20分で作れる驚きの秘けつや、中のパティまでモチモチの新食感ライスバーガー、3代続く料理研究家きじまりゅうたさんの驚き新レシピなど、おこわから簡単手ごね餅まで、作って楽しい食べて美味しい新レシピの数々が登場!ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pickup!生産者から“チョク”で届く。美味しいもち米はこちらから

スポンサーリンク

ガッテン流 炊き蒸し赤飯の作り方

材料

  • もち米:2合
  • 豆の煮汁(ささげ、もしくは小豆):300ml
  • 煮た豆(ささげ、もしくは小豆):50~60g(お好みの量)

※市販の赤飯用小豆の缶詰を使用してもOK!

スポンサーリンク

作り方

  1. もち米を優しく2~3回程度洗い、ざるにあげて30分置く。
    もち米は時短&味・食感アップのため、ざるにあげておく。
  2. フライパンに、ざるあげしておいたもち米、豆の煮汁を入れて強火にかける。
  3. 沸騰したらヘラでゆっくり『の』の字を書くようにゆっくり混ぜる。
  4. フライパンの底が見えるくらいまで煮詰めたら、最弱火にし、もち米を平らにならし、煮た豆を入れる。
    フライパンの中央でヘラを一直線に動かしたときに底が見え始めたら、再弱火にする目安。
  5. フライパンのフタをアルミホイルで包み、フタをして17~18分加熱する。
    最初に火をつけてからトータル20分が加熱時間の目安。水分が飛びきっていない場合は、フタをあけたままさらに1分程度加熱する。
  6. 炊き上がったら底が平らなバットやお皿に広げ、粗熱をとれば完成!
    そこにのこったお焦げは、そのままフライパンで両面をこんがり焼けば、おせんべいに!

まとめ

ガッテンで放送された「ガッテン流 20分で作れる赤飯」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、ガッテン!で放送されたレシピなどを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 ガッテンの関連記事はこちら

【2021.10.20放送】ガッテン!「モチモチ食感祭り もち米で美味&快感SP」関連記事


■NHK『ガッテン!』
[放 送] 水曜 午後7時30分
[再放送] 翌水曜 午後3時18分
[司 会] 立川志の輔,小野文惠
[語 り] 山寺宏一
[ゲスト] いとうあさこ,濱家隆一,大島麻衣
タイトルとURLをコピーしました