【きょうの料理ビギナーズ】かれいの煮つけの作り方。これならできる!プロの和食

きょうの料理ビギナーズ

2022年2月2日NHKEテレ「きょうの料理ビギナーズ」で放送された、「かれいの煮つけ」の作り方をご紹介します。

2月のテーマは『これならできる!プロの和食』。第3回目は、うまみとボリュームのある鶏もも肉を使った2品を伝授。

煮魚はどんな魚でもOK!煮汁の割合さえ覚えれば簡単につくれる和食の定番「かれいの煮つけ」、旬の白菜をつかって割合を覚えると味の決まる酢の物にした「白菜と油揚げのごま酢あえ」の2品をハツ江おばあちゃんから学びます。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

かれいの煮つけの作り方


出典:きょうの料理ビギナーズ

材料(2人分)

  • かれい(切り身):2切れ(200g)

[煮汁]

  • 酒、水:各カップ1/2(100ml)
  • しょうゆ、砂糖:各大さじ1

  • ねぎ(小口切り):適量
スポンサーリンク

作り方

  1. 鍋に湯を沸かし、火を止めて、かれいの切り身を一切れずつ入れる。
    湯にくぐらせて、くさみをとる。
  2. 表面の色が変わったら、氷水に入れ、うろこや血合いを取る。
  3. 火をつける前の鍋に、酒、水、しょうゆ、砂糖入れて混ぜ合わせ、かれいを入れて強火にかける。
    煮つけマスターのコツは煮汁の割合。
    【魚10】に対し、【水+酒10】、【しょうゆ1】、【砂糖0.5】。
    ※放送されたかれいの煮つけでは、しょうゆ・砂糖は同じ割合でした。
  4. 最初は少しゆらし、ヘリに魚がくっつかないようにする。煮立ってきたら落し蓋をして、3分ほど煮る。
    落としぶたで煮崩れを防ぎ、味もよくしみる。
  5. かれいが崩れないように器に取り出し、煮汁は少しとろっとなるまで強火で煮詰め、かれいにかける。
  6. 仕上げに、小口切りのねぎを添えて完成!

同じ日に放送されたレシピ

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

きょうの料理ビギナーズで放送されたレシピはこちら


番組内容
ハツ江おばあちゃんの指導のもと、ビギナー向きのレシピを2品ずつマスター。意外と知らない、今さら聞けない「料理の基本」も紹介しているので、学び直しにもピッタリです!
放送
Eテレ 月曜~水曜 午後9時25分
再放送
Eテレ 火、水、翌月曜 午前11時25分
総合 水、木、翌火曜 午前10時50分
タイトルとURLをコピーしました