【あてなよる】そうめんの寒天寄せ 明太卵黄ソースの作り方。大原千鶴さんのレシピ。素麺で呑む。

あてなよる

2021年1月31日(初回放送)NHK「あてなよる」で放送された、「そうめんの寒天寄せ 明太卵黄ソース」の作り方をご紹介します。

京都の料理家・大原千鶴さんとソムリエの若林英司さんが、おいしいお酒と「あて」でゲストをおもてなしするあてなよる。今回はロバート・馬場裕之さんが『素麺で呑(の)む』。

おしゃれなそうめんの寒天寄せ明太卵黄ソースあえ、そうめんを使ったグラタン、カラフルそうめんを衣に使った天ぷら。そして、ゲストのロバート馬場さんもそうめんのアテを披露!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ソムリエが最適なワインをお届け【Pocket Sommelier】

スポンサーリンク

そうめんの寒天寄せ 明太卵黄ソースの作り方


出典:あてなよる

材料(小さな流し缶1個分・8㎝×12㎝×4㎝くらいの大きさ)

  • そうめん:1把(50g)

[A]

  • だし:100ml
  • みりん:大さじ1/2
  • 薄口しょうゆ:大さじ1/2
  • オリーブオイル:ごく少量
  • 粉寒天:1g ※アガーなら3g

[明太卵黄ソース]

  • 明太子(薄皮とったもの):20g
  • 卵黄:1個分
    ※卵白はとっておくと「藁苞(わらづと)そうめん」で使える。
  • 木の芽:適宜
スポンサーリンク

作り方

  1. そうめんは端を糸でしばって袋の表示どおり茹でて、ザルにあげ氷水につけて冷やし、水気をきっておく。
  2. 小鍋に[A]を入れて中火にかける。沸いたら、ごく少量のオリーブオイルを入れ、粉寒天を入れよく混ぜる。
  3. 流し缶に(1)のそうめんの長さを揃えて入れ、(2)をそっと流し入れて冷やし固める。
  4. 食べやすいサイズに切り、あわせておいた明太卵黄ソースをかけ、木の芽(適宜)をのせて完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、あてなよるのレシピをまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。あてなよるのレシピはこちら

同じ日に放送されたレシピ


■NHKEテレ「あてなよる」
[出演者] 【出演】馬場裕之,大原千鶴,若林英司
【語り】石橋蓮司
タイトルとURLをコピーしました