【相葉マナブ】自家製ラー油の作り方。超おいしいラー油をつくりたい

相葉マナブ

2022年9月11日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「自家製ラー油」の作り方をご紹介します。

今週は、静岡県浜松市にある製油所でのラー油づくり!2022年6月5日『マナブ!超おいしいメンマがつくりたい』の放送での「ラー油をつくってみたい」という相葉くんの願いが叶って、静岡県浜松市の製油所で念願のラー油づくりを学びます!

まずは、ごま油づくりからはじまり、ラー油づくりに欠かせない唐辛子を収穫し、いよいよラー油づくり!そして出来上がったラー油で、食べるラー油ラー油納豆、さらに浜松市の名物 “浜松餃子”を教えていただき、イチからつくったラー油でいただきます。最後に相葉くんが完成したラー油で“あの”タンタンメンづくり!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

自家製ラー油の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(作りやすい分量)

  • 唐辛子(ハバネロ):4個(40g) ※乾燥唐辛子・鷹の爪でも代用可能。
  • 太白ごま油:300g
  • 焙煎ごま油:40g
スポンサーリンク

作り方

  1. ハバネロを半分に切ってヘタを取り、種ごと細切りにする。
    種にも辛みがあるので一緒に入れると辛味がつく。ハバネロを調理する際は手袋を着用してください。
  2. 鍋に太白ごま油とハバネロを入れて火にかけ、中火~弱火で120~140℃を保ちながら焦がさないように約7分揚げる。
    低温で揚げることで、ごま油の風味が残る。
  3. ハバネロが縮み、色が変わり始めたら火を止めて焙煎ごま油を入れて、サッと混ぜ合わせる。
    ハバネロのガラは取っておく。⇒ 食べるラー油作りで使用。
  4. ざるにあげて濾し、粗熱が取れたら完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました