【相葉マナブ】浜松餃子の作り方。超おいしいラー油をつくりたい

相葉マナブ

2022年9月11日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「浜松餃子」の作り方をご紹介します。

今週は、静岡県浜松市にある製油所でのラー油づくり!2022年6月5日『マナブ!超おいしいメンマがつくりたい』の放送での「ラー油をつくってみたい」という相葉くんの願いが叶って、静岡県浜松市の製油所で念願のラー油づくりを学びます!

まずは、ごま油づくりからはじまり、ラー油づくりに欠かせない唐辛子を収穫し、いよいよラー油づくり!そして出来上がったラー油で、食べるラー油ラー油納豆、さらに浜松市の名物 “浜松餃子”を教えていただき、イチからつくったラー油でいただきます。最後に相葉くんが完成したラー油で“あの”タンタンメンづくり!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

浜松餃子の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

材料(12個分)

[餃子のタネ]

  • 豚挽き肉:80g
  • キャベツ:150g
  • ニラ:8g(5本)
  • ニンニク:6g(2/3片)
  • しょうが:4g(1/3片)
  • 酒:小さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • 塩:少々
  • コショウ:少々

  • 餃子の皮:12枚
  • サラダ油:大さじ1
  • 水:50ml
  • もやし:1/3袋
  • 自家製ラー油
スポンサーリンク

作り方

  1. キャベツは粗みじん切りにする。塩適量(分量外)を振り、全体に揉んで5分おき、水気を絞る。ニンニクとしょうがはみじん切りに、ニラは5mm幅に切る。
  2. ボウルにひき肉、酒、しょう油、塩、コショウを入れ、粘りが出るまでよく混ぜ、ニラ、ニンニク、しょうがを加えて更に混ぜる。
  3. キャベツを加え、全体に馴染むように混ぜ合わせ、餃子の皮で包む。
  4. フライパンにサラダ油を引き、円を描くように並べて水を注ぎ、フタをして強火で水がなくなるまで約3分蒸し焼きする。
    包むときに接地面を平らにするときれいに焼ける。間隔を少しあけて並べる。
  5. 焼いている間に、沸騰したお湯にもやしを入れて1分茹で、氷水にとる。
  6. 氷水で冷やすとシャキシャキ感が残る。
  7. フライパンの水がなくなったらフタを外して、弱火で1~2分焼いて焼き色をつけ、皿に盛る。
  8. もやしの水気をキッチンペーパーで拭き取り、餃子の円の中央に盛り付けたら完成!お好みでラー油や、塩をふったラー油で食べる。

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました