【相葉マナブ】水信玄餅の作り方。金精軒(きんせいけん)のレシピで。行列のできる名店のアレを作りたい

相葉マナブ

2022年7月17日 テレビ朝日「相葉マナブ」で放送された、「金精軒(きんせいけん)」の作り方をご紹介します。

全国各地にある行列のできる名店の“アレ”のレシピを教わり、相葉くんが実際に作る新企画!『行列のできる名店のアレを作りたい』。今回は、山梨名物の金精軒(きんせいけん)の「水信玄餅」です。毎年6~9月の夏季限定で販売されており、寒天と水でできたヒンヤリぷるぷるの夏のお菓子です。材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

金精軒(きんせいけん)の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

水信玄餅は、一般的な寒天とくらべ1/4以下の水が固まるギリギリの量の寒天を加えています。作ってから30分を超えると水分が出てしまうため、消費期限はわずか30分なんだそうです。

材料(約20個分)

  • 水:1ℓ
  • 粉寒天:2g
  • 砂糖:90g
  • きなこ
  • 黒みつ
スポンサーリンク

作り方

  1. 鍋に水(1ℓ)と粉寒天(2g)を入れ、しっかり混ぜる。
    寒天は先に水を入れた方が溶けやすい。
  2. 強火にかけて沸騰させ、砂糖(90g)を加えて混ぜ、手を止めて、小まめに重さを計りながら、重量が約1030gになるまで火にかける。
    こまめに計量し、水分を約5~6%飛ばす。1092g→約1030gにする。
  3. 火から下ろし、キッチンペーパーをしいたザルで濾す。
  4. おちょこなどの型の表面ギリギリまでお玉で注ぎ、20等分に分ける。
    おちょこや小さい湯のみを使うとよい。型ギリギリまで入れ、型から外した際、崩れるのを防ぐ。作る際は一切振動を与えないよう注意。
  5. 常温で1時間半おいて固まったら、冷蔵庫で冷やす。
  6. 十分冷やしたら、型の上にお皿をのせて裏返し、横に揺らしてから、ゆっくり型から外す。
  7. きな粉と黒みつを添えて完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました