【きょうの料理】さらわのゆずこしょうオイル漬けの作り方。大原千鶴の愛情ごはん「魚の新定番おかず」。

きょうの料理

2022年12月9日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さん「さらわのゆずこしょうオイル漬け」の作り方をご紹介します。

今回の「大原千鶴の愛情ごはん」は、使いきれない魚の切り身や刺身、冷凍魚を翌日もおいしく食べる「魚の新定番おかず」を紹介。

刺身の薄切りは、晩酌のシメにもうれしい「あんかけ丼」に、また厚みのある刺身のさくは、骨がなくて食べやすい「ムニエル」に。そして切り身は、「ゆずこしょうオイル漬け」などの漬けおきストックに。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さらわのゆずこしょうオイル漬けの作り方


出典:きょうの料理

柚子の風味が爽やかな、冬にぴったりの焼き魚です。多めに漬けおきストックしておけば、便利です。

材料(2人分)

  • さわら(切り身):2切れ(約180g)

[A]

  • 塩昆布(刻む):大さじ1
  • ゆずの搾り汁:大さじ1
  • オリーブ油:大さじ2
  • ゆずこしょう:小さじ1
  • エリンギ:1~2本分
  • すだち:適宜
スポンサーリンク

作り方

  1. さわらに塩(小さじ1/4)をふり、冷蔵庫に10分間おいて水けを拭く。
  2. ジッパー付き保存袋に[A]を順に入れ、袋の上から軽くもむ。さわらを加えて全体にからめ、空気を抜きながら袋の口を閉じる。冷蔵庫に一晩おく。
    もみ込んで柚子こしょうを塊をなじませる。
    【保存】漬けた状態で冷蔵庫で3日間保存可能。
  3. さわらを保存袋から取り出し、表面加工のしてあるフライパンに入れる。あいているところにエリンギを並べ、塩(1つまみ)をふって中火にかけてふたをする。片面を3分間焼いて上下を返し、再びふたをしてさらに2分間焼く。器に盛り、好みですだちを添えたら完成!
    エリンギは、根元の堅い部分を除いて縦に食べやすく切る。すだちは半分に切って種を除く。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました