【きょうの料理】くるみバルサミコの作り方。横山タカ子さんの「くるみの手仕事」。

きょうの料理

2022年11月14日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、横山タカ子さん「くるみバルサミコ」の作り方をご紹介します。

今月の「はじめての手仕事」は、長野県在住の横山タカ子さから教わる「くるみの手仕事」です。菓子ぐるみと鬼ぐるみの下処理から、くるみの仕事を教わります。

風味豊かな鬼くるみを殻ごと香ばしくいって焼酎につけた「鬼くるみのリキュール」、むき身のくるみで手軽に作れる「くるみペースト」、甘酸っぱさが後を引くお茶うけにぴったりな「くるみバルサミコ」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

くるみバルサミコの作り方


出典:きょうの料理

くるみに甘酸っぱくて香りのよいバルサミコ酢と砂糖をからめた、コーヒー・紅茶はもちろん、お酒のお供にもピッタリな一品です。

材料(つくりやすい分量)

  • くるみ(むき身):150g

[A]

  • バルサミコ酢:大さじ3
  • 砂糖:大さじ2

  • 金ごま(または白ごま):大さじ2

参照くるみの下処理(割り方・いり方)はこちら

スポンサーリンク

作り方

  1. バットにオーブン用の紙を敷き、金ごまを均一に広げ入れる。
  2. 表面加工のしていない厚手のフライパン(または鍋)にくるみを広げ入れ、弱火でいる。焼き色がついて香ばしくなったら取り出し、自然にむけた渋皮は除く。
  3. あいたフライパンに[A]を入れて中火にかけ、耐熱のへらで軽く混ぜる。触らずに煮立たせ、全体が泡立ったら(2)を加え、手早くからめる。
    バルサミコ酢と砂糖を煮立たせ、酸味がとんで、しっかりとろみが出たところにくるみを加える。
  4. (3)を(1)に加え、ごまをまぶして広げて冷ませば完成!
    くるみが冷めて固まらないうちにまぶしつける。
【保存】清潔な保存容器に入れ、暗く涼しい場所で1週間、冷蔵庫で2週間。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました