【きょうの料理】小松菜のフライパンみそ汁の作り方。杵島直美さんのお手軽和風「20㎝フライパン活用メニュー」。

きょうの料理

2022年11月7日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、杵島直美さん「小松菜のフライパンみそ汁」の作り方をご紹介します。

直径20センチの小さなフライパンは、使い勝手抜群のスグレもの!そこで2日間にわたり、日頃から小さなフライパンを愛用している講師から、おかずからスイーツまで20センチフライパン活用メニューを教わります。

1日目は、杵島直美さんからお手軽和風を紹介。具材を炒めたフライパンに米としょうゆベースの調味料を加えて7分ほど炊くだけの「和風ピラフ」、煎茶ベースの煮汁で煮た「さばのしょうが煮」、具くさんの「小松菜のフライパンみそ汁」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

小松菜のフライパンみそ汁の作り方


出典:きょうの料理

フライパンで作ると口が広く、かさのある野菜も扱いやすくなります。すぐ煮えるので、手早く野菜たっぷりの具だくさん味噌汁が作れます。

材料(2人分)

  • 小松菜:100g
  • 絹ごし豆腐:(小)1/2丁(100g)
  • だし:カップ1杯半
  • 七味とうがらし:少々
  • みそ
スポンサーリンク

作り方

  1. 小松菜は根があれば落とし、根元を開いて洗う。3㎝長さに切って根元の部分は縦半分または四つ割りにし、軸と葉に分ける。豆腐は1.5㎝角に切る。
  2. フライパンにだしと小松菜の軸を入れて中火にかけ、ふたをして2分間ほど煮る。みそ(大さじ1杯半~2)を溶き入れ、豆腐と小松菜の葉を加え、再びふたをしてさらに2分間ほど煮る。
    火の通りにくい軸は先に煮て、あとから葉を加える。白菜やチンゲンサイなどの野菜でも同様につくれる。
  3. 器に盛り、七味とうがらしをふって完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました