【きょうの料理】さつまいものポタージュの作り方。タサン志麻の小さな台所。

きょうの料理

2022年10月28日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、タサン志麻さん「さつまいものポタージュ」の作り方をご紹介します。

タサン志麻さんが、料理を無理なく楽しむコツを伝授するシリーズ「タサン志麻の小さな台所」。3回目のテーマは「記念日ごはん」。特別な日だからこそ、つくり手も楽しめる頑張りすぎないレシピを紹介!

秋は、志麻さんの長女の1歳の誕生日。メニューは大人も子どもも食べられて、簡単なのに見栄えのする無理なくつくれるコース料理です。前菜の「ツナ缶リエットとシャルキュトリー」とデザートの「かぼちゃのプリン」は前日つくっておけば当日が楽に。メインの「サーモンときのこのパイ包み」はオーブンにお任せし、焼く間に「さつまいものポタージュ」をつくる、調理や段取りのコツも伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

さつまいものポタージュの作り方


出典:きょうの料理

旬のさつまいもの甘さがギュッと詰まった、濃厚なポタージュです。赤ちゃんから年配の方まで世代を問わず楽しめるので、おもてなしにぴったりな一品です。

材料(3~4人分)

  • さつまいも:1~2本(360g)
  • たまねぎ:1コ(200g)
  • 固形スープの素(洋風):1コ
  • 牛乳:カップ1~1杯半(200~300ml)
  • バター
  • 黒こしょう(粗びき)
スポンサーリンク

作り方

  1. たまねぎは縦に薄切りにする。鍋にバター(20g)、塩(1つまみ)とともに入れて強火にかけ、パチパチと音がしてきた弱火にし、しんんありとするまで炒める。
    たまねぎはじっくりと炒めると甘みが増す。
  2. さつまいもは皮をむいて一口大に切り、サッと洗って水けをきる。(1)に加えて軽く炒め、かぶるくらいの水(約カップ3)を加えて強火にする。沸騰したらアクを除き、スープの素を加えて弱火にし、約30分間煮る。
  3. 水分量が1/3程度になったら火を止め、牛乳の半量を加え、粗熱が取れたらミキサーにかける。なめらかになったら残りの牛乳を少しずつ加えながら、好みの堅さになるまで撹拌する。
    水分が多ければ、火を強めて水分をとばすとよい。
  4. 鍋に戻し入れて火にかけ、沸騰したら火を止める。味をみて、塩(適量)、黒こしょう(適宜)で調えたら完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました