【きょうの料理】ゆでたけのこの作り方。山脇りこさんのはじめての手仕事

きょうの料理

2022年4月18日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、山脇りこさんに教わる「ゆでたけのこ」の作り方をご紹介します。

今月のはじめての手仕事、テーマは春先に出回る「たけのこ」。初登場の料理研究家・山脇りこさんより、たけのこの選び方からゆで方の基本を教わります。さらにゆでたたけのこでシンプルな料理3品をご紹介いただきました。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ゆでたけのこの作り方


出典:きょうの料理

材料(つくりやすい分量)

  • たけのこ:1~2本(約1kg)
  • 米ぬか:1カップ弱
スポンサーリンク

作り方

  1. たけのこは外側の堅い皮を2〜3枚むく。
  2. 穂先の堅い部分を斜めに切り落とす。
  3. 皮に縦に2〜3か所、2~3mm深さの切り目を入れる。
    切り目を入れると、ゆでたあとに皮がむきやすくなる。
  4. 大きくて深めの鍋にたけのこを入れ、かぶるまで水を加える。米ぬかをたけのこの表面を覆うように加え、強めの中火にかける。
    たけのこが水面から出るようなら、紙タオルを2~3枚重ねて落としぶたにする。ぬかがないときは、ぬかと水のかわりに、米の最初のとぎ汁でゆでるとよい。とぎ汁が足りないようなら、2回目のとぎ汁(または水)適宜を足す。
  5. グラグラと沸いてきたら中火にし、フツフツと沸いた状態を保ちながら、柔らかくなるまで50分~1時間ゆでる。途中、たけのこが水面から出るようなら、水を足す。
    たけのこが常に湯につかった状態を保ちながらゆでる。
  6. 根元のほうに竹串を刺し、抵抗なく中心までスッと通ったら、火を止める。鍋にふたをして、そのまま冷ます。
    多少ゆですぎてもよいので、しっかりゆでる。また、鍋の中で完全に冷ますと、えぐみが取れる。
  7. 流水でぬかをサッと洗い落とし、皮をむく。
    繊維が堅い皮はすべてむく。穂先の柔らかい皮(姫皮)は、刻んでみそ汁やあえ物などに使うとよい。
  8. 穂先の堅い部分を切り落とす。堅い根元を1cmほど切り落とし、さらに根元側の堅い表面をグルリとむく。サッと洗って水けをきれば完成。
    すぐに使わないときは、たけのこを二〜四つ割りにして保存容器に入れ、完全にかぶるまで水を加える。毎日水をかえて、冷蔵庫で3~4日間保存可能。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました