【すイエんサー】トンカツの作り方。超分厚いのにサクサクジューシーにする技!

すイエんサー

2021年5月25日初回放送 NHKEテレ「すイエんサー」で放送された、超ぶ厚いのにびっくりするほどやわらかいトンカツの作り方をご紹介します。

おうちでトンカツを作るとき、分厚いお肉を使うと油で長時間揚げるので、お肉の水分が飛んでパサパサになってしまいます。このお肉パサパサ問題を解決するには、揚げる前に”あること”をすると、柔らかくてジューシーなトンカツに仕上がります。さらに、衣を超サックサクにする裏技も!すイエんサー流のトンカツの材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

「超分厚いサクサクジューシー!トンカツ」の作り方

材料

  • 豚肉(ロース):1枚(厚さ2.5センチ、重さ250~270グラム)
  • 卵:1個
  • サラダ油:大さじ1 ※溶き卵に混ぜる分

  • サラダ油(揚げ油):450g
  • 塩:適量
  • コショウ:適量
  • 小麦粉:適量
  • パン粉:適量
スポンサーリンク

作り方

  1. 豚肉の筋を切り、たたいて形を整え、塩、コショウで下味をつける。
  2. ボウルに卵を割って溶きほぐし、サラダ油(大さじ1)を入れて混ぜておく。
    油を入れると衣がはがれにくくなる。
  3. 下味をつけた豚肉に、小麦粉→溶き卵→パン粉の順に衣をつける。
    小麦粉は、肉の色が薄く見えるくらい薄くつけ、溶き卵にくぐらせるときは竹串を使うと衣がはがれにくい。パン粉は上から押さえつけるようにする。
  4. フライパンの底に網をひき、揚げ油をいれて、火にかけない状態で衣をつけたトンカツを入れる。
  5. 弱めの中火で7~8分揚げ、周りから泡がたくさんでてきたら肉を裏返す。
  6. さらに7~8分たったらもう一度裏返し、4~5分揚げたらバット等にあげ5分ほど置く。
  7. 揚げ油を180℃超える温度に熱して、バットに置いておいた肉を入れ、片面10秒ずつくらいを目安に両面をカラッと揚げれば完成!
  8. バットで油をきり、食べやすい大きさにカットしてお皿に盛りつけます。

フライドポテトも作る場合

材料

  • トンカツの材料(同じもの)
  • ジャガイモ:Mサイズ1個

作り方

  1. ジャガイモはよく洗って芽をとり、4等分に切る。水にさらした後、ザルなどにあげ、水をよくふきとっておく。
  2. 揚げ油を150~160℃に熱して、衣をつけたトンカツを入れる(火加減は弱めの中火)。
  3. 2分30秒たったら木べらなどを使って、そっと裏返し、さらに2分30秒揚げる。
    低めの温度で揚げるので、衣が剥がれないように木べらやフライ返しを使う。
  4. (1)のジャガイモを入れて4分程揚げ、トンカツの衣の周りがきつね色に色づいたら裏返す。
  5. さらに4分ほど揚げたら、ジャガイモを取り出し、火加減を強火にし、片面10秒ずつくらいを目安に両面をカラッと揚げれば完成!
  6. バットで油をきり、食べやすい大きさにカットして、じゃがいもと一緒にお皿に盛りつけます。
ジャガイモを入れることで細かい火力の調整をしなくても油を比較的低い温度に保つことでので、焦がさずに中まで火が通ったジューシーなトンカツができます。

まとめ

NHK「すイエんサー」で放送された「超分厚いサクサクジューシー!トンカツ」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

すイエんサーで放送されたレシピは他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 すイエんサーはこちら

■すイエんサー
[番組内容] 一見難しそうな、料理や運動、オシャレなどについてのさまざまな課題に「すイエんサーガールズ」たちが体当たりで挑戦します。次々と浮かび上がるギモンを解くカギは、科学の考え方。子供から大人まで楽しめる科学エンターテインメント番組です。
[出演] いとうあさこ、横山だいすけ
[ナレーション] 伊吹吾郎、雨宮天
[リポーター] 其原有沙、一ノ瀬陽鞠、奥森皐月
[放送] ・Eテレ 毎週火曜 午後7時25分
[再放送] ・Eテレ 毎週土曜 午前10時
タイトルとURLをコピーしました