【グレーテルのかまど】ラミントンの作り方。オーストラリアの伝統菓子。

グレーテルのかまど

2022年7月18日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」『オーストラリア 男爵夫人のラミントン』より、「ラミントン」の作り方をご紹介します。

ラミントンは、イギリスから赴任してきたラミントン男爵とその妻メイ夫妻が暮らした建物のキッチンで生まれた、オーストラリアの伝統菓子。“ラミントンの日”まであるほど、オーストラリアで愛されているんだそう。四角いケーキの表面を覆うココナツがシャキシャキと楽しい食感。ヘンゼルはチョコ、イチゴ、キャラメルと、3種類のラミントンに挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

製菓材料・ラッピングアイテムをお得に買うなら【cotta】

スポンサーリンク

ラミントンの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(4.5㎝角 各16個分)

[生地]

  • 無塩バター:130g
  • グラニュー糖:110g
  • きび糖:40g
  • バニラエッセンス:適量
  • 全卵:150g(Mサイズ3個分)
  • 薄力粉:260g
  • ベーキングパウダー:10g
  • 牛乳:130ml

[チョコレートソース]

  • 粉砂糖 200g
  • ココアパウダー:25g
  • 無塩バター:25g
  • 牛乳:100ml

[いちごソース]

  • いちごジャム:300g
  • 水:30ml

[キャラメルソース]

  • グラニュー糖:150g
  • 無塩バター:15g
  • 牛乳:200ml

  • ココナツラぺ(ココナツファイン):適量

下準備

  • 薄力粉とベーキングパウダーを合わせてふるっておく。
  • 粉砂糖をふるっておく。
  • ココアパウダーをふるっておく。
  • いちごジャムを裏ごししておく。
  • 生地用の牛乳を常温にもどしておく。
  • オーブンを180℃に温めておく。
  • 大きめの紙をセルクル型の底に敷き、側面まで巻いておく。
スポンサーリンク

作り方

  1. 【生地を作る】
    やわらかくしたバターにきび糖、グラニュー糖を加え、白っぽくなるまですり混ぜる。
  2. バニラエッセンスを加える。
  3. 全卵を数回に分けて加えながら混ぜる。粉類の1/5を加えて混ぜる。
  4. 牛乳を1/4加えて混ぜる。
  5. 残りの粉類を加えて混ぜる。
  6. 残りの牛乳を2回に分けて加え、切り混ぜる。
  7. 型に流し入れてカードでならし、180℃のオーブンで約40分焼く。途中でオーブンペーパーと天板をのせ、ふくらみをおさえる。
  8. 焼き上がったら、オーブンペーパーの上にひっくり返しておく。
  9. 【チョコレートソースを作る】
    粉砂糖にココアパウダーをあわせる。
  10. 溶かしバターと温めた牛乳(50℃くらい)を加え、中心から混ぜる。乾燥しないようにラップをしておく。
  11. 【いちごソースを作る】
    鍋に裏ごししたいちごジャムと分量の水をいれて沸騰させ、少し煮詰める。
  12. 【キャラメルソースを作る】
    別々の鍋に砂糖と牛乳を入れて火にかける。
  13. 砂糖が溶けたら、火を止めてバターを加えて混ぜる。
  14. 温めた牛乳を加えて混ぜる。
    牛乳が膨張したりはねたりするので注意。
  15. 【組み立て】
    生地を型から取り出し、16等分(4.5㎝角)に切る。
  16. それぞれのソースにくぐらせ、ココナツをまぶして完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週金曜 午後1時05分
タイトルとURLをコピーしました