【グレーテルのかまど】マザー・テレサのチョコレートの作り方。マザーに捧げる素敵な模様とバラのチョコレート。

グレーテルのかまど

2022年2月7日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された、紅茶香るなめらかなくちどけの「マザー・テレサのチョコレート」の作り方をご紹介します。

貧しい人々のために生涯をささげ、1979年ノーベル平和賞を受賞したマザー・テレサ。路上に暮らし、希望を失った人々に、自ら手渡していたお菓子がチョコレート。ヘンゼルは、転写シートを使ったチョコレートや、チョコレートとともに愛を伝えたマザーに捧げる花のチョコレート作りにも挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

マザー・テレサのチョコレートの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料

[紅茶のボンボンショコラ(約64個分)]

  • 水:40ml
  • アールグレイの茶葉:12g
  • 生クリーム(乳脂肪分38%のもの):180g
  • 水あめ:15g
  • スイートチョコレート(製菓用・カカオ分56%):200g (工程5)
  • ミルクチョコレート(製菓用・カカオ分41%):90g (工程5)
  • 無塩バター 20g

  • スイートチョコレート(製菓用・コーティング用 カカオ分56~65%):500g  (工程8、10)
  • 転写シート 2.5cm角 64枚

[チョコレートのバラ(4個分)]


出典:グレーテルのかまど

  • ホワイトチョコレート:125g
  • 水あめ:40g
  • シロップ:20ml

下準備

  • 無塩バターを常温にもどしておく
  • グラニュー糖と水を1:1で沸騰させて冷やし、シロップを作っておく。
  • 紅茶ボンボンショコラ(工程8)の前にコーティング用スイートチョコレートの調温作業をしておく
スポンサーリンク

作り方

[紅茶のボンボンショコラを作る]

  1. 鍋に水を入れ、沸騰させる。アールグレイの茶葉を加え、ふたをして1分ほど蒸らす。
  2. 生クリームを加え、沸騰させる。ふたをして5分蒸らす。
  3. 茶葉をしっかりこす。
  4. 鍋に(3)と水あめを入れ、沸騰させる。
  5. チョコレートに注ぎ、中心から混ぜる。
  6. やわらかくしたバターを加え、混ぜる。
  7. 透明なフィルムかオーブンペーパーの上に型枠を置き、(6)を流してパレットナイフで1㎝厚にならし、常温で約半日から1日ほど固める。
  8. 型枠から外し、調温したコーティング用チョコレートを両面に薄く広げる。広げた上にオーブンペーパーを置き、ひっくり返して裏面に広げる。
  9. 温めた包丁で2.5cm角にカットし、ひとつずつを離して置く。
  10. 調温したコーティング用チョコレートにくぐらせ、余分なチョコをおとし、紙の上におく。
  11. 2.5cm角に切った転写シートを上にのせ、平らなもので上から押さえる。
  12. チョコレートが固まったら、転写シートをはがして完成!

[チョコレートのバラを作る]

  1. 40℃に溶かしたホワイトチョコレートに水あめを加えて混ぜる。シロップを加えて混ぜる。
  2. ラップに包み、1日常温に置く。脂が出てきたら、冷えてから混ぜ込む。
  3. 固まったら、40gを手でもんで柔らかくする。
  4. 棒状にし、16等分にする。
  5. 1個はしずく型に成形する。残りの15個を丸め、ビニールの間に挟み、てのひらで軽くつぶす。
  6. 指を1本あて、指の外側部分を薄く広げる。
  7. 厚みのある方を下にして中心(しずく型)に1枚ずつ巻きつける。
  8. 花びらに動きをつけて出来上がり。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました