【青空レストラン】サクラマス&つきみいくらの通販お取り寄せ情報。宮崎県延岡市の幻の養殖魚。

通販・お取り寄せ情報

2022年5月21日 日本テレビ系列「満天☆青空レストラン」で取り上げられた、株式会社Smolt(スモルト)の『桜鱒(サクラマス)』と『つきみいくら』の通販取り寄せ情報をご紹介します。

今回の食材は、宮崎県延岡市で養殖されている『生姜真鯛桜鱒(サクラマス)』です。桜鱒とは、渓流に住むヤマメが海にくだり、その身に海の豊富な栄養を存分に蓄えて川に戻るものの呼称で、日本固有の鮭の仲間です。

海に適用できるヤマメを選別し、海面養殖と内面養殖を繰り返す自然界で行われる生活を人工的に再現する循環型養殖で養殖されています。養殖されたサクラマスはきめ細やかで上品な旨味が楽しめます。

お取り寄せ品は、サクラマスの身を味わう「桜葉締め」と、サクラマスからとれる金色のいくら「つきみいくら」が購入できます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

宮崎県延岡市の『サクラマス』とは?


出典:https://www.instagram.com/aozora_official/?hl=ja

サクラマスは、淡水魚のヤマメと同種の魚です。河川ではエサを確保できなかったヤマメが海にくだり、危険ではあるものの豊富なエサがある海で成長して河川に戻ってまた産卵するもののことサクラマスと呼びます。番組で取り上げられたものは、自然界で行われる桜鱒の生活を人工的に再現する循環型養殖で育てられたものです。その方法は、海に降る準備が整った銀化(ぎんけ)したヤマメを選別して海面養殖した後、内水面へ移して半年間成熟・採卵させます。その孵化した仔魚を1年間内水面の生け簀で飼育し、再び12月から4月の期間は海へ移して海面養殖で大きく成長させるということを繰り返していきます。養殖されたサクラマスは最大でヤマメの約10倍ものサイズに成長し、生産性が増大!また、天然のサクラマスや養殖ヤマメでは寄生虫(アニサキス)の問題から生食ができませんが、Smoltの養殖のサクラマスは人工飼料を餌としているため寄生虫がつくリスクがほとんどなく、刺身や寿司ネタとして生食利用することが可能です。
スポンサーリンク

Smoltの「桜鱒の桜葉締め」「つきみいくら」通販お取り寄せ情報

Smoltの「桜鱒の桜葉締め」「つきみいくら」は、大手通販サイトやふるさと納税でお取り寄せが可能です。

Smoltを食べチョクでチェックする!

桜鱒の桜葉締め

通販サイトでのお取り扱いはこちら↓

ふるさと納税はこちら↓

つきみいくら

つきみいくらは桜鱒(さくらます)からとれる金色のいくらです。新鮮なまま秘伝の味付けで仕上げられ、お出汁の風味とすっきりとした優しい味わいが楽しめます。

日テレポシュレからのお取り寄せ

日テレポシュレからは、「宮崎県 桜鱒&つきみいくら番組スペシャルセット」「」が販売されます。

宮崎県 桜鱒&つきみいくら番組スペシャルセット


出典:日テレポシュレ

番組で紹介された「宮崎県 桜鱒&つきみいくら」のお取り寄せ。
【商品詳細・内容量】
桜鱒の桜葉締め (40g×3)
つきみいくら  (50g×2)

宮崎県 桜鱒 桜葉締め&グラタン番組特別セット


出典:日テレポシュレ

番組で紹介された「宮崎県 桜鱒 桜葉締め&グラタン番組特別セット」のお取り寄せ。
【商品詳細・内容量】
桜鱒の桜葉締め             (40g×3)
本桜鱒とドライトマトのチーズグラタン (180g×2)
※番組放送中に、日テレポシュレで出品されるものと思います。リンクはその際に更新しますが、すぐに売り切れる可能性があります。

*上記内容は記事作成時点のもので、現在とは内容が異なる場合があります。

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひチェックしてみてください!


Check!テレビで紹介された気になるお取り寄せ情報はこちら

今なら送料無料!食べチョクで新鮮食材をお取り寄せ

>詳細はこちらをクリック<

タイトルとURLをコピーしました