【相葉マナブ】超時短!大学芋の作り方。千葉県木更津市の「さつまいも」

相葉マナブ

2022年11月6日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「超時短!大学芋」の作り方をご紹介します。

今回は、千葉県木更津市で栽培されている『さつまいも』!今が旬のホクホク食感を楽しめる「紅あずま」を使った絶品料理を地元の農家さんから学びます。

時短で出来ちゃう”焼き芋”、ひそかにブームとなっている“焼き芋サンド”、名店の味を家庭で再現できちゃう簡単レシピ“壺芋ブリュレ”、さつまいもの甘みと相性抜群“さつまいものベーコンチーズコロッケ”、熊本の郷土菓子“いきなり団子”、“さつまいもと塩昆布の炊き込みご飯”など、さつまいもをふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

超時短!大学芋の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

一般的な大学芋は、一度油で揚げてからタレに絡めますが、こちらのレシピでは多めの油で揚げ焼きにした後、余分な油を拭き取りタレを絡めるので、フライパンだけで調理ができ、時短につながります。

材料(2人分)

  • さつまいも:やや小さめ1本
  • はちみつ:大さじ1
  • 砂糖:大さじ1と1/2
  • みりん:大さじ1
  • しょう油:小さじ1
  • サラダ油:大さじ3
  • 黒ゴマ
スポンサーリンク

作り方

  1. さつまいもは乱切りにして、水に5分さらし、キッチンペーパーで水けを拭き取る。
    水にさらすと色が抜けにくくアクが取れる。
  2. フライパンに油さつまいもを入れ、フタをして6~7分中火にかける。
    フライパンの中に水滴が入らないよう、時々、フタについた水滴は外に捨てながら蒸し焼きにする。
  3. 焼いている間に、器にはちみつ、みりん、砂糖、しょうゆを混ぜておく。
  4. さつまいもに火が通ったらキッチンペーパーで余分な油をふき取り、(3)を入れて絡める。
    油を拭いてフライパン1つで作る。
  5. 水気が飛んだら火を止めてお皿に盛りつけ、黒ゴマをふって完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました