【きょうの料理】たっぷり白菜と鶏のしょうがスープの作り方。有賀薫さんの「からだポカポカ たっぷり冬野菜レシピ」。

きょうの料理

2022年12月6日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、有賀薫さん「たっぷり白菜と鶏のしょうがスープ」の作り方をご紹介します。

寒さが増すこの季節に恋しくなるのが、冷えた体をポカポカに温めてくれる料理を教わる2日間。2日目はスープ作家の有賀薫さんが、今が旬の冬野菜をたっぷり使った、つくりやすいスープ料理を紹介。

たっぷりの白菜と、すりおろしとせん切りのしょうがのダブル使いでパンチのある味わいに仕上げた「たっぷり白菜と鶏のしょうがスープ」、具だくさんで食べごたえ満点のピリ辛スープ「大根と牛肉のキムチスープ」、とろりとやさしい味わいでしょうがとにんにくの風味がアクセント「かぶと豆腐のホワイトスープ」を伝授!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

たっぷり白菜と鶏のしょうがスープの作り方


出典:きょうの料理

冬野菜の提販、白菜をたっぷり使い、しょうがは、すりおろしとせん切りのダブル使いでパンチのある味わいの体が温まるスープです。

材料(2人分)

  • 白菜:1/4コ弱(400g)
  • 鶏ひき肉(もも):100g
  • しょうが:50~60g
  • サラダ油
スポンサーリンク

作り方

  1. 【下ごしらえをする】
    白菜は横に5cm幅に切り、軸は縦に2cm幅、葉は大きければ切る。しょうがは1/4量をせん切りにしてとっておき、残りはすりおろす。小さめのボウルに、すりおろしたしょうが、ひき肉、塩(小さじ1)を入れ、水(カップ1)を加えて混ぜ合わせる。

    せん切りとすりおろし、しょうがのダブル使いでパンチのある味わいに。
  2. 【白菜を蒸し煮にする】
    鍋に白菜の軸、葉を順に入れ、水(カップ1)、サラダ油(大さじ2)を回しかける。ふたをして中火で5分間煮る。

    煮えにくい軸を下に、煮えやすい葉を上にする。
  3. 【ひき肉を加えて煮る】
    ふたを取り、(1)のひき肉を均一に回しかける。ヒタヒタになるまでさらに水を足し、弱火にして10分間ほど煮る。仕上げにせん切りにしたしょうがを散らせば完成!

    ひき肉は水で溶いてから加えると、ほぐれやすく、味なじみも均一になる。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました