【きょうの料理】和風ピラフの作り方。杵島直美さんのお手軽和風「20㎝フライパン活用メニュー」。

きょうの料理

2022年11月7日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、杵島直美さん「和風ピラフ」の作り方をご紹介します。

直径20センチの小さなフライパンは、使い勝手抜群のスグレもの!そこで2日間にわたり、日頃から小さなフライパンを愛用している講師から、おかずからスイーツまで20センチフライパン活用メニューを教わります。

1日目は、杵島直美さんからお手軽和風を紹介。具材を炒めたフライパンに米としょうゆベースの調味料を加えて7分ほど炊くだけの「和風ピラフ」、煎茶ベースの煮汁で煮た「さばのしょうが煮」、具くさんの「小松菜のフライパンみそ汁」です。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

和風ピラフの作り方


出典:きょうの料理

シーフードたっぷりで、見た目にも華やかなごちそうメニューがフライパンで作れます。帆立て缶のうまみでおいしく仕上がります。

材料(2人分)

  • 米:180ml(1合)
  • たまねぎ:1/4コ(50g)
  • えび(無頭/殻付き):5匹(100g)
  • 帆立て貝柱の水煮(缶詰・ほぐし身):1缶(65g)
  • 細ねぎ(小口切り):2本分
  • しょうゆ
  • サラダ油
スポンサーリンク

作り方

  1. 【下ごしらえをする】
    米は洗ってたっぷりの水に30分間浸水させる。たまねぎは粗みじん切りにする。えびは殻をむき、背ワタを取って水洗いをし、1cm幅のブツ切りにする。帆立て貝柱は身と缶汁に分け、計量カップに缶汁としょうゆ・酒(各大さじ1)を入れ、水を加えてカップ1(200ml)にする。

    フライパンで炊くと沸くまでが早いので、加熱時間が短くなりがち。ご飯が堅くないよう、たっぷりの水で十分に浸水させておく。
  2. 【具を炒める】
    フライパンにサラダ油(小さじ2)を中火で熱し、たまねぎを炒める。油が回ったらえびを加え、色が変わったら帆立て貝柱を加えてざっと炒め合わせ、一度取り出す。
  3. 【米と具を合わせて炊く】
    (1)の米をざるに上げ、水けをきって(2)のフライパンに入れる。(1)の調味料を注ぎ、ひと混ぜして米をならす。(2)の具をのせて平らにならし、ふたをして強めの中火にかける。沸騰してきたら弱火にし、7分間ほど炊いて火を止め、10分間ほど蒸らす。ザックリと混ぜ、細ねぎを散らして完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました