【きょうの料理】なすびめしの作り方。柳原一成さんの代表的な人気和食レシピ。

きょうの料理

2022年9月12日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、柳原一成さん「なすびめし」の作り方をご紹介します。

半世紀余りきょうの料理番組講師として活躍された柳原一成さんの時代と共においしさを伝え続けた半生を振り返り、人気の和食レシピを紹介。代表的な「かぼちゃの煮物」、江戸料理の「なすびめし」、柳原家伝統の「赤飯」、「いかと焼き豆腐のあんかけ」など。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

なすびめしの作り方


出典:きょうの料理

江戸時代の料理本『料理伊呂波包丁』に記述がある「なすびめし」。焼きなすをご飯にのせ、だしをたっぷりかけ、残暑にさらさらと食べられる江戸っ子らしい一品です。

材料(2人分)

  • なす:2コ
  • ご飯(温かいもの):茶碗に軽く2杯分

[汁]

  • だし:カップ2 ※だしのとり方は、「かぼちゃの煮物」のレシピを参照。
  • 酒:大さじ1
  • 塩:小さじ1/2
  • うす口しょうゆ:小さじ1/2

  • 黒こしょう(粒・すり鉢などで粗くつぶす):3粒分
  • 本わさび(すりおろす):少々
スポンサーリンク

作り方

  1. 汁の材料を鍋に合わせ、温めておく。なすはガクにグルリと切れ目を入れ、皮にも縦に4~5本切り目を入れる。
    切り目はかっをむきやすくするため。5mmほどの浅い切り目でよい。
  2. 焼き網になすをのせ、全面が焦げるくらいに強火で焼く。
    頻繁に転がさず、一面が焼けたら隣の面を焼き、全面を焼く。
  3. 水をはったボウルにとって皮をむき、ヘタを落として縦半分に切る。
    やけどに注意して、川の切り目を手がかりに、すばやくむく。
  4. 茶碗にご飯をよそい、(3)をのせる。黒こしょうをふり、わさびを添え、(1)の熱い汁をはって完成!

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました