【きょうの料理】塩おからの作り方。山脇りこさんのシンプル&クイック和食

きょうの料理

2022年8月30日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、山脇りこさんに教わる「塩おから」の作り方をご紹介します。

残暑が続くいま、食卓から秋の気分を先取りする、シンプル&クイックな調理がうれしい手軽な和食を2日間に渡って紹介。2日目は料理研究家・山脇りこさんより、食材の組み合わせの妙と潔い調理法で、新鮮なおいしさが発見できる山脇さんの料理を教わります。

豚肉と昆布のうまみを含んだ程よい甘辛さで、ご飯が進む味わいの「さつまいもと豚バラの煮物」、いつもの酒蒸しがワンランクアップ「あさりのかぼす酒蒸し」、塩味のあっさりとした味付けとピーマンのほろ苦さ、トウモロコシの甘さがアクセント「塩おから」。材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

塩おからの作り方


出典:きょうの料理

塩味のあっさりとしたおからで、ピーマンのほろ苦さ、とうもろこしの甘さがアクセントの一品です。

材料(2人分)

  • おから:200g
  • ピーマン:2コ(80g)
  • とうもろこし:1本(250g)
  • しめじ:1パック(100g)
  • さつま揚げ:3枚(150g)

[A]

  • 酒、みりん:各大さじ3
  • 酢:大さじ1・1/3
  • 塩:小さじ1
スポンサーリンク

作り方

  1. ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、横に細切りにする。とうもろこしは包丁でそぐように実を外す。しめじは根元を除いて小房に分ける。さつま揚げは半分に切ってから薄切りにする。[A]はよく混ぜ合わせる。
  2. フライパン(直径24~26㎝)におからを広げて中火にかけ、水けをとばしながら、パラっとするまで2分間ほどからいりする。とうもろこし、しめじ、さつま揚げ、[A]を加え、全体を混ぜ合わせる。少し火を弱めてフタをし、あまり触らずに2分間ほど煮る。
  3. とうもろこしに火が通り、しめじから水分が出てしっとりしたらピーマンを加え、サッと炒め合わせたら完成!
【保存】冷ましてから清潔な保存容器に入れて冷蔵庫で約2日間、冷凍用保存袋に入れて冷凍庫で約3週間。

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました