【きょうの料理】鶏肉の塩こうじ香草焼きの作り方。おいしく美しく冨永愛の食卓

きょうの料理

2022年4月20日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、冨永愛さんに教わる「鶏肉の塩こうじ香草焼き」の作り方をご紹介します。

世界的なトップモデルとして活躍してきた冨永愛さんが講師に出演!「おいしく美しく 冨永愛の食卓」。多忙でも自炊が基本という冨永愛さんより、日々の食卓からイチオシのレシピを教わります。

体のコンディションを整えてくれる発酵食品の塩麹を使ったメインおかずとサラダ、忙しくてもたっぷり野菜をとるのに欠かさないという常備菜の中から2品を伝授。材料や作り方をまとめましたので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

鶏肉の塩こうじ香草焼きの作り方


出典:きょうの料理

材料(2人分)

  • 鶏もも肉:1枚(300g)

[A]

  • 塩こうじ:大さじ3
  • にんにく(薄切り):1かけ分
  • ローリエ2枚
  • ローズマリー(乾):少々
  • 黒こしょう(粗びき):少々

  • 塩キャベツ:適量(※つくり方は以下にあります。)
  • ごま油(白)

作り方

  1. 鶏肉は余分な脂を取り除き、水けを拭く。皮側に包丁で数か所切り目を入れる。ジッパー付き保存袋に入れ、[A]を加えてもみ込み、冷蔵庫に一晩以上おく。
    3日間おくと、よく味がしみ込む。
  2. フライパンにごま油適量を中火で熱し、鶏肉を皮側を下にしてにんにくとともに入れて、ふたをして強めの弱火で約4分間焼く。鶏肉にこんがりと焼き色がついたら上下を返す。にんにくは取り出してとっておく。ふたをし、火が通るまで約5分間じっくり焼く。
    塩こうじが焦げやすいので注意。
  3. 鶏肉は4等分にして器に盛り、取り出したにんにくを散らし、塩キャベツを添えて完成!
スポンサーリンク

塩キャベツの作り方

材料(つくりやすい分量)

  • キャベツ:1/4個(350g)
  • 塩:大さじ1/4

作り方

  1.  キャベツは5mm幅の細切りにしてボウルに入れ、塩大さじ1/4を混ぜる。
  2. 清潔な保存容器に入れ、冷蔵庫で一晩おいて味をなじませる。
【保存】冷蔵庫で約1週間保存可能。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]月~水曜 午前11時30分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました