【きょうの料理】さわらのみぞれ鍋の作り方。大原千鶴の小粋な季節の食卓「一人鍋・ぶりしゃぶ」

きょうの料理 大原千鶴さんのさわらのみぞれ鍋 きょうの料理

2022年1月14日(初回放送)NHK「きょうの料理」で放送された、大原千鶴さんの「さわらのみぞれ鍋」の作り方をご紹介します。

料理研究家 大原千鶴さんが教えてくれるのは、冬には欠かせないあったか鍋。野菜がたっぷり食べられる上、煮え具合も好みのタイミングに合わせることができる大原さんオススメの「一人鍋」を紹介!シャキシャキレタスとともに味わう「ぶりしゃぶ」、大原家定番の「水菜と豚バラのはりはり鍋」、香ばしく焼いた「さわらのみぞれ鍋」の3品を伝授!ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

さわらのみぞれ鍋の作り方


出典:きょうの料理

材料(1人分)

  • さわら(切り身):1切れ(100g)
  • 大根:200g
  • 米油(またはサラダ油):小さじ1

  • だし:カップ3/4(150ml)
  • うす口しょうゆ:大さじ1/2
  • 片栗粉:大さじ1/2

  • 青ねぎ(小口切り):適量
  • しょうが(すりおろす):適量
  • 柚子(搾りやすく切り種を除く):適量
スポンサーリンク

作り方

  1. 大根はすりおろしてざるに上げ、水けをきる。さわらは塩(小さじ1/8)をふり、冷蔵庫に10分間以上おいて水けを拭く。
  2. フライパンに米粉を中火で熱し、さわらを皮側を下にして入れてふたをし、3分間焼く。火を止め、そのまま1~2分間おいて余熱で火を通す。
    さわらは皮目だけを香ばしく焼く。
  3. 浅めの土鍋に、だし・うす口しょうゆ・片栗粉を混ぜて溶き、中火にかける。へらで絶えず混ぜながらとろみをつける。水切りした大根おろしを加え、焼いたさわらをのせて火を止める。青ねぎ、しょうが、柚子を添えて完成!
    さわらを焼き始めるタイミングで、(3)の土鍋に火をかけるとタイミングよく仕上がる。

同じ日に紹介されたレシピ

まとめ

最後までご覧いただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね。

当ブログでは、きょうの料理で放送されたレシピを多数まとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。きょう料理の記事はこちら

放送
[Eテレ]月曜~火曜 午後9時
[総合]金曜 午後0時20分
再放送
[Eテレ]火~水曜 午前11時00分 (Eテレ1の再放送)
[Eテレ]水曜 午後9時/翌月曜 (総合の再放送)
タイトルとURLをコピーしました