【平野レミの早わざレシピ】食べればキンパの作り方。2022初春[第12弾]レシピ

平野レミの早わざレシピ

2022年1月10日『平野レミの早わざレシピ!「2022初春」』で放送された、料理愛好家・平野レミさん考案「食べればキンパ」の作り方をご紹介します。

今回で第12弾となる『平野レミの早わざレシピ!「2022初春」』。料理愛好家の平野レミさんが、生放送で次々と”簡単!早い!おいしい!”絶品レシピの数々を披露!

今回は冬の食材をふんだんに使った、元気が出るレシピをご紹介。今回もハラハラドキドキの生放送。レミさん恒例“びっくり料理”「おっ立て!」「宙づり」も登場!?気になる材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

食べればキンパの作り方


出典:平野レミの早わざレシピ

レミさんの”食べれば”シリーズ。レンチン加熱を1度でしたり、炒める工程から混ぜる工程まで、深底のレミパンで行ってなるべく楽に楽しく作って、海苔で巻きながら楽しくいただくみんな大好きキンパです。

材料(4人分)

[具材①]

  • 牛こま切れ肉(細切り):100g
  • 酒:大さじ1
  • 焼肉のたれ:大さじ2
  • コチュジャン:大さじ1

  • 春菊(小口切り):70g
  • ごま油:大さじ1/2

[具材②]

  • にんじん(2cm長さの細切り):50g
    ※つまようじくらい。
  • 塩:少々
  • ごま油:少々

[具材③]

  • 卵:1コ
  • 塩:少々

  • 温かいご飯:400g

[具材④]

  • いぶりがっこ(細切り):40g
  • 白ごま:大さじ3
  • ごま油:大さじ1/2
  • 塩:少々

  • 焼のり(または韓国のり):適量
  • キムチ:適量
  • コチュジャン:適量

作り方

  1. ボウルに、牛こま切れ肉、酒、焼肉のたれ、コチュジャンを入れ、よくもんでおく。
  2. フライパンにごま油を熱し(1)の牛肉を入れて炒める。肉の色がかわったら火を止め、ご飯を加え混ぜる。春菊を加え、余熱で火を通す。
  3. 耐熱容器に、細切りにしたにんじん、塩(少々)、ごま油(少々)を入れて混ぜ、ラップをする。耐熱コップに卵と塩を入れて溶き、ラップはかけない。人参と溶き卵の両方を、電子レンジ(600W)に入れ、2分30秒加熱する。取り出して、卵の方はすぐに菜箸で混ぜて、炒り卵をつくる。
  4. (2)のフライパンに、細切りにしたいぶりがっこ、白ごま、ごま油(大さじ1/2)、塩少々、加熱したにんじんを入れ、混ぜ合わせる。
  5. 混ぜ合わせたごはんを器に盛り、レンチンで作った炒り卵を散らし、焼のりを添えて完成!お好みでキムチやコチュジャンものせて、のりに巻いていただく。
スポンサーリンク

平野レミさん&和田明日香さんのレシピ本

*

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

和田明日香さんのレシピをまとめて見るならこちら

当ブログでは、これまでに放送された『平野レミの早わざレシピ』の記事を他にもまとめています。ぜひ合せてご覧ください。 平野レミの早わざレシピの記事はこちら

2022年1月10日放送「平野レミの早わざレシピ!第12弾・2022初春」関連記事


【出演者】
[出演] 平野レミ,大竹しのぶ,中山秀征,澤部佑
[司会] 松田利仁亜
タイトルとURLをコピーしました