【桂花楼】焼き餃子&水餃子の作り方。おうちで美味しく調理する手順【画像・動画あり】

口コミ・レビュー

嵐の相葉雅紀さんのご実家幕張本郷チャイナハウス桂花楼』の伝統餃子「桂花餃子」をご自宅で美味しく簡単に焼ける方法をまとめましたので、ご紹介します。

焼き餃子、水餃子として楽しめる『幕張本郷チャイナハウス桂花楼』の伝統餃子「桂花餃子」が、公式オンラインショップからのお取り寄せが可能となりました。私も実際にお取り寄せをして実際に作ってみました。ご自宅で美味しく調理する手順・作り方を口コミ・感想を添えてまとめました。公式サイトYouTube動画「美味しく簡単に、焼ける方法」も合わせてご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Check!相葉雅紀さん実家【桂花楼】伝統餃子をお取り寄せ!実際に食べてみた感想&通販での購入方法はこちら

Check!【桂花楼】秘伝の万能中華だれアレンジレシピと実際に食べた感想・口コミのまとめはこちら

スポンサーリンク

相葉くんの実家『桂花楼』桂花餃子の作り方

餃子と同梱されているパンフレットの画像です。こちらには、焼きギョーザと水ギョーザの作り方のが書かれていて、見ながら調理しました。失敗することなく、上手く調理できましたよ。

調理中は油跳ねなどのやけどにご注意ください。

幕張本郷チャイナハウス桂花楼オンラインショップはこちら

桂花餃子「焼き餃子」の作り方

  1. フライパンに凍ったままの餃子を間隔をかけて並べる。水(100㏄)を入れて中火にかけ、フタをする。
    フライパンによって必要な場合は油をひく。フライパンの大きさによって水の量を調整する。
  2. 中火で約6分蒸し焼きにする。6分たったらフタを取り、水分が残っていたら中火のまま水気をとばす。
  3. 水気がなくなったら油をかけ、きれいな焼き色がつくまでやけば完成!
    ごま油を使うとより香ばしくなります。

桂花餃子「焼き餃子」を食べた感想

□実際に食べてみて…
ご覧の通り、TABASCOに引けをとならいほどのジャンボサイズですが、焼き目はサクっとしていて、周りの皮はモチモチ!通常の2倍ほどあるという桂花楼の餃子ですが、プリっとお腹がまん丸です。餃子の肉だねからは野菜のうま味が感じられ、そのまま食べてちょうどよいお味が付いています。酢醤油を用意していましたが使わずに、そのままで美味しく食べられました。

桂花餃子「水餃子」の作り方

  1. 鍋に、水7分目ほどを入れて沸騰させ、沸いたら中火にし、凍ったままの餃子を入れる。
  2. 8分ほど茹で、餃子が浮いてきたらすくい網などですくってよくお湯を切る。
  3. お皿にのせ、秘伝の万能中華ダレをかけ、ねぎのみじん切りをかければ桂花楼水ギョーザの完成!

桂花餃子「水餃子」を食べた感想

□実際に食べてみて…
ネギがなかったため、新玉ねぎを刻んでトッピングにしました。万能中華だれをかけて食べてみたところ、一口目はけっこうスパイシー!!!食べているうちに辛さになれてきて、クセになる美味しさ!きつ過ぎないまろやかな酸味が肉の旨味を引き立ててくれます。皮は焼き餃子よりもさらにモチモチ&柔らか。これまで焼き餃子派の私ですが、今回をきっかけに水餃子派に鞍替えするきっかけになるのかも(笑)

まとめ

桂花楼「焼き餃子&水餃子の作り方」をご紹介しました最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひチェックしてみてください!

タイトルとURLをコピーしました