【グレーテルのかまど】チャルドーニの作り方。イタリアルネサンスのサクサク焼き菓子

グレーテルのかまど

2022年4月18日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」『イタリアルネサンスのチャルドーニ』より、「チャルドーニ」の作り方をご紹介します。

イタリア、フィレンツェのルネサンス期におけるメディチ家最盛時の当主 ロレンツォ・デ・メディチが、詩を書き、曲まで作ったというお菓子がチャルドーニ。かつては家紋入りの鉄板で焼いたというこのお菓子を、ヘンゼルはフライパンとなべ底を使って作り上げます。サクサク食感を楽しんでそのまま食べたり、クリームを詰めたり、味わい方は自由!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

チャルドーニの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(直径15㎝ 12枚分)

[生地]

  • 中力粉:100g
  • アニスパウダー:0.4g
  • シナモンパウダー:0.1g
  • グラニュー糖:90g
  • 全卵:25g(Mサイズ1/2個分)
  • 牛乳:50ml
  • 水:60ml
  • サラダ油:25g

  • サラダ油:適量

[クリーム]

  • リコッタチーズ:250g
  • 粉砂糖:40g

  • いちご:適量
  • ラズベリー:適量
  • ブルーベリー:適量
  • ミント:適量
  • チョコスプレー:適量
  • アラザン:適量

下準備

  • 中力粉をふるっておく。
  • 水と牛乳を合わせておく。
スポンサーリンク

作り方

  1. 中力粉、グラニュー糖、アニスパウダー、シナモンパウダーをボウルに入れて混ぜる。中心にくぼみをつける。
  2. 全卵、水と合わせた牛乳の1/3量をくぼみの部分に流し、中心から混ぜる。
  3. サラダ油(25g)を加えて中心から混ぜる。
  4. 水とあわせた牛乳の残りを加えて全体を混ぜる。
  5. 軽く熱したフライパンに、(4)の生地をスプーン2杯分をのせ、直径15cm程度まで薄くひろげる。
    フライパンがくっつくようであれば、薄く油をひいておく。熱いので手袋をつけて行ってください。
  6. 生地の上にオーブンペーパーをのせ、鍋でおさえながら弱火から中火で1分半ほど加熱する。
  7. 焼き色がついたら裏返し、(6)と同様に焼く。
  8. 熱いうちに円錐状に丸め、網にのせておく。同様に後11枚作る。
  9. ボウルにリコッタチーズを入れ、粉砂糖を加えて混ぜ合わせ、絞り袋に入れる。
  10. (8)の生地に絞り入れ、フルーツやチョコスプレーで飾り付ければ完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週金曜 午後1時05分
タイトルとURLをコピーしました