【グレーテルのかまど】ベレ・バスクの作り方。ベレー帽をかたどったバスク地方の郷土菓子

グレーテルのかまど

2022年2月14日(初回放送) NHKEテレ「グレーテルのかまど」で放送された、「ベレ・バスク」の作り方をご紹介します。

ベレー帽をかたどった「ベレ・バスク」は、フランスとスペインの国境地帯に広がるバスク地方で生まれた郷土菓子です。チョコレート味のスポンジにチョコレートクリームをたっぷり挟み、表面はチョコスプレーで覆った、中も外もチョコ尽くし!

バレンタインデーにぴったりなチョコレートをふんだんに使ったバレバスク作りにヘンゼルも挑戦!材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

スポンサーリンク

ベレ・バスクの作り方


出典:グレーテルのかまど

材料(直径18㎝ 1台分)

[チョコレート風味のスポンジ生地]

  • 全卵:150g(Mサイズ3個)
  • グラニュー糖:90g
  • 薄力粉:75g
  • ココアパウダー:15g
  • 無塩バター:20g

[ラム酒入りシロップ]

  • 水:40ml
  • グラニュー糖:20g
  • ラム酒:30ml

[チョコレートクリーム]

  • 生クリーム(乳脂肪分 38%~47%):80g
  • チョコレート(製菓用・カカオ分 56%)):80g

[クレーム・シャンティ・ショコラ]

  • 生クリーム:120g(乳脂肪分38%)
  • チョコレート(製菓用・カカオ分56%):120g
  • 水あめ:15g
  • 生クリーム(乳脂肪分38%):250g

  • チョコレートスプレー:適量
  • バニラのさや:1本

下準備

  • 型に紙を敷く
  • 薄力粉とココアパウダーはそれぞれふるっておく
  • バターを溶かしておく
  • シロップ用の水とグラニュー糖を沸騰させ、ラム酒を加えておく
スポンサーリンク

作り方

  1. 【クレーム・シャンティ・ショコラを作る】
    鍋に生クリーム(120g)と水あめを入れ、沸騰させる。
  2. チョコレートに注ぎ入れ、中心から混ぜる。
  3. 冷たい生クリーム(250g)を加えて混ぜ、密着ラップをして冷蔵庫で1晩休ませる
  4. 使用前に氷水にあてて泡立てる。
  5. 【チョコレート風味のスポンジ生地を作る】
    全卵をほぐして、グラニュー糖を加えて混ぜる。 湯せんにかけて混ぜながら人肌(約40℃)まで温める。
  6. 湯せんから外して、ハンドミキサーで泡立てる。最後に低速に変えて気泡を細かく整える。
    生地を落として8の字がゆっくりかけるくらいの状態が目安。
  7. 薄力粉とココアパウダーを混ぜ合わせて再びふるい、(5)に加えて粉けが無くなるまでゴムべらで切 るように混ぜる。
    ココアパウダーに入っている油脂分の影響で、普通 のスポンジ生地より気泡がつぶれやすいため、手早く作業する。
  8. 熱い溶かしバターをゴムべらに当てながら回し入れ、ムラなく混ぜる。
    混ぜすぎると気泡がつぶれてふくらみが悪くなるので注意。
  9. 紙を敷いた型に流し入れ、180℃のオーブンで 25~30分焼く。
  10. 焼けたらすぐに型から取り出し、冷ます。
  11. 【チョコレートクリームを作る】
    鍋に生クリームを入れ、沸騰させる。
  12. チョコレートに注ぎ入れ、中心から混ぜる。ラップをして常温に置く。
  13. 【組み上げ】
    スポンジ生地を1.5cm厚1枚、1cm厚2枚にカットする。
  14. 1.5cm厚の生地にシロップをしみこませ、チョコレートクリームをのせて広げる。
  15. 1cm厚の生地をのせ、シロップをしみこませる。
  16. クレーム・シャンティ・ショコラの5/6量をのせ、ドーム状にならす。
  17. 1cm厚の生地をかぶせ、シロップをしみこませる。
  18. 残りのクレーム・シャンティ・ショコラを全体に塗る。
  19. 表面にチョコレートスプレーをつける。
  20. 中心にバニラのさやをつけて完成!

まとめ

最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!

当ブログでは、グレーテルのかまどで放送されたレシピを他にもまとめています。よろしければ合わせてご覧くださいね。 グレーテルのかまどのレシピはこちら

放送
[Eテレ]毎週月曜 午後10時
再放送
[総合]毎週水曜 午前11時05分(一部の地域を除く)
[Eテレ]毎週月曜 午前10時25分
タイトルとURLをコピーしました