【相葉マナブ】新じゃがとイカのにんにくバターしょう油の作り方。千葉県松戸市の「新じゃがいも」

相葉マナブ

2022年7月10日 テレビ朝日「相葉マナブ」旬の産地ごはんで放送された、「新じゃがとイカのにんにくバターしょう油」の作り方をご紹介します。

今回の食材は、千葉県松戸市で栽培されている『新じゃがいも』!「十勝こがね」「キタアカリ」「メークイン」の新じゃがを栽培している農家さんを訪れ、採れたての新じゃがを“じゃがバター”にして食べ比べ!収穫後は、3種類の新じゃがの特徴をいかした絶品料理を地元の奥様から学びます。

おやつ感覚で食べられる“みたらしじゃがいも”、“トルネードポテト”、新じゃがと海苔塩の相性抜群な“新じゃがとちくわの海苔塩炒め”、「キタアカリ」をたっぷり使った“新じゃがハンバーグ”など、新じゃがをふんだんに使った絶品料理が続々登場!材料・作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね!

Pickup!生産者から“チョク”で届く。新鮮で美味しい食材はこちらから

スポンサーリンク

新じゃがとイカのにんにくバターしょう油の作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

ホクホク系で煮崩れしにくく、炒め物や煮物にむき、芋の味が濃い十勝こがねを使用します。

材料(3~4人分)

  • じゃがいも(十勝こがね):大2個
  • イカ:1杯
  • ニンニク:2かけ
  • バター:大さじ3
  • しょう油:大さじ2
  • 青ネギ(小口切り):適量
スポンサーリンク

作り方

  1. イカは内臓と軟甲を取り、1cm幅に切る。ゲソは食べやすい大きさに切る。ニンニクは薄切りにする。
  2. じゃがいもは皮を剝いて一口大にカットし、水にさらす。
    10分以上つけておくと栄養素が抜けてしまうので注意。
  3. 水気を切って耐熱ボウルに入れ、ふんわりとラップをして電子レンジ(600w)で5分加熱する。
  4. 熱したフライパンでバターとニンニクを炒める。バターが溶けたら、じゃがいも、イカを加えて炒め、しょう油を回し入れて火を止める。
    イカは十分に加熱する。心配な場合は、事前に下茹でをしてから調理してください。
  5. 器に盛りつけ、小口切りにした青ネギを散らして完成!

当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)・あばれる君
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました