【相葉マナブ】新じゃがポテトチップスの作り方。せたな・新じゃがを使ったアレンジレシピ

相葉マナブ

2021年9月12日 テレビ朝日「相葉マナブ」で放送された、せたな・新じゃがを使った「新じゃがポテトチップス」の作り方をご紹介します。

今回の「マナブ!〇〇博」のテーマは、”マナブ!秋の北海道博”。北海道ならではの名産品を使った家庭でも簡単に出来るアレンジ料理を学びます。

北海道産のタコをふんだんに使った名産品を贅沢に使ったアレンジ料理、北海道札幌市の“山わさびの醤油漬け”を贅沢に使ったシンプルなアレンジレシピ、富良野産の牛乳・バター・卵を使った“バターカステラ”や手作業で作られている“サーモンユッケ”など、北海道ならではの“北海道名産品”を学びます。

さらに北海道の5種類の“新じゃがいも”で作る色々な種類の手作りポテトチップス、手作りポテトチップスを使った簡単アレンジ料理など、様々なアレンジ料理に挑戦!

材料や作り方をまとめたレシピをご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Check!相葉くんの実家【桂花楼】の餃子がおうちで食べれます。口コミはこちら

スポンサーリンク

新じゃがポテトチップスの作り方


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

「きたひめ」は、ポテトチップス用に開発された品種で、加熱しても焦げにくくキレイに揚げられます。「トヨシロ」は、日本最初の食品加工用に改良された品種で、表面の凹凸が少なく扱いやすい品種です。ノーザンルビー&シャドークイーンは、さつまいものような見た目で、アントシアニンを多く含み色が特徴的です。「インカのひとみ」は、インカのめざめを改良して作られた食感がなめらかで風味が強くなった品種です。ワッフルスライサーでギザギザポテトにスライスして揚げるのがオススメの食べ方です。

材料(各1人分)


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

[きたひめ(のり塩味)]※画像(↑)右側 

  • きたひめ:1個
  • のり塩:適量
  • 塩:適量

[トヨシロ(コンソメ味)]※画像(↑)左側 

  • トヨシロ:1個
  • コンソメ粉末:適量


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

[ノーザンルビー・シャドークイーン(お好みの味)]

  • ノーザンルビー:1個
  • シャドークイーン:1個
  • 塩、ガーリックパウダー等:適量


出典:https://www.tv-asahi.co.jp/aibamanabu/

[インカのひとみ(塩味)]

  • インカのひとみ
  • 塩:適量

  • 揚げ油
スポンサーリンク

作り方

  1. きたひめはスライスし、180℃でカリッとするまで3分ほど揚げ、青のり・塩を振る。
  2. トヨシロはスライスし、180℃でカリッとするまで3分ほど揚げ、コンソメをふる。
  3. ノーザンルビーはスライスし、170℃で2分揚げ、お好みの味付けをする。
  4. シャドークイーンはスライスし、170℃で2分半揚げ、お好みの味付けをする。
  5. インカのひとみは、ワッフルスライサーでスライスし、160℃の低温で揚げ色がつき、カリッとするまで8分返しながら揚げ、塩を振る。

まとめ

相葉マナブで放送された北海道ならではの名産品を使った「新じゃがポテトチップス」の作り方をご紹介しました。最後までお読みいただき、ありがとうございます。ぜひ参考にしてみてくださいね!


当サイトでは、相葉マナブで相葉雅紀さんが作った「釜-1グランプリ(釜飯、炊き込みご飯)」や、「旬の産地ごはん」、「T-1グランプリ(トーストアレンジレシピ)」「ホットプレート物産展」などのレシピを多数ご紹介しています。ぜひ合わせてお読みくださいね。
「相葉マナブ」に関する記事(レシピなど)はこちら
テレビ朝日系列『相葉マナブ
毎週日曜 午後6時~放送
[出演者] 相葉雅紀(嵐)・小峠英二(バイきんぐ)・澤部佑(ハライチ)
[番組内容] 嵐の相葉くんが日本の素晴らしさを学ぶため、旬の食材で究極の料理作りに挑戦したり、いろんなものを手作りしたり体験学習をしながら成長していくロケバラエティー
タイトルとURLをコピーしました